スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌舞伎座さよなら公演・六月大歌舞伎(歌舞伎座)

さよなら歌舞伎座。

歌舞伎座の姿を見れば見るほど残念なのだ。
カウントダウンもはじまった。
こういうのも味気ない。なんだかなぁと思うのだけれども。
111_20090613202620.jpg

今日はワシの好きな仁左衛門の女殺油地獄がある。
一世一代にて相勤め申し候である。
112_20090613202620.jpg

一世一代という言葉、軽く受け流していたが、一緒に行ったお連れ様に
言われてハッっとする。
「一世一代、もうこれが最後だという事ですもんね」

もう感想から先に書いちゃいますけど、素晴らしい。
仁左衛門さんの目や顔が素晴らしい。
普段、双眼鏡をあまり使わないんやけど、今回はずーっと
はずせませんでしたね。

題目通り、女を殺す場面での仁左衛門さんの顔を見たら
ゾクっとした。
ニタリと薄ら笑いを浮かべながら、段々と恍惚の顔になっていく様が
実に素晴らしい。

殺されるお吉役の息子の孝太郎さんがまたイイ。
油まみれの中、逃げまどう。追いかける。
油でヌルヌル状態で足元を取られ、思うように逃げれない、追いかけれない。
そんな芝居に失笑する客がいたけど、何でやの?
笑うとこちゃうがな。

仁左衛門さんはこう語っている。
「 『吉田屋』の伊左衛門や『封印切』の忠兵衛などは、若いときよりも歳を重ね色々な芸が
身についてきた方が良い作品となります。でも『女殺油地獄』の与兵衛は、たとえば現代の扮装で
やってもおかしくないお芝居ですし、私の中では、ある程度の若さが必要なお役だと思っています。」

一世一代と言わず、また再演して欲しいですが、この役、次は
誰でみたいかと考えるのも、また楽し。

ホント、いい芝居を見せてもらいました。

113_20090613202620.jpg

111_20090616092726.jpg

あらすじ

昼の部

一、正札附根元草摺(しょうふだつきこんげんくさずり)
 曽我五郎時致(松緑)は、父の仇である工藤祐経の館へ向かおうとします。これを止めたのは、小林朝比奈の妹舞鶴(魁春)。女ながら大力無双の舞鶴は、五郎の持つ鎧の草摺を持って引き止め、その行く手を阻むのでした。

 引き合い事を取り入れた長唄の名作舞踊を上演します。

二、双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)
 関取の濡髪長五郎(幸四郎)と、素人角力出身の放駒長吉(吉右衛門)の大一番で盛り上がる角力小屋前。濡髪を贔屓する山崎屋与五郎(染五郎)は、恋仲の藤屋吾妻(芝雀)と逢い引きをしますが、今日の勝負が気がかりで、吾妻を仲居のおまつ(宗之助)、おすず(歌江)、おたけ(吉之丞)に命じて廓へ向かわせます。
 やがて勝負が始まり、濡髪に土がつきます。放駒贔屓の平岡郷左衛門(由次郎)と三原有右衛門(桂三)は、放駒を褒め称え、郷左衛門が思いを寄せる吾妻の身請けを手助けして欲しいと頼みます。一方の濡髪は茶亭の金平(錦吾)に頼んで、放駒をその場へ呼び戻すと、意外な言葉を打ち明けていき......。
 濡髪と放駒の達引が見どころの作品を、豪華配役でご覧頂きます。

三、蝶の道行(ちょうのみちゆき)
 春の野辺に助国(梅玉)と小槇(福助)が姿を現します。この世で結ばれることのなかったふたりは、蝶の姿となって戯れ遊びますが、地獄の責めに遭い、その羽ばたきを止めるのでした。
 助国、小槇の悲恋を主題とした義太夫舞踊をお楽しみ下さい。

四、女殺油地獄(おんなごろしあぶらのじごく)
 河内屋の放蕩息子与兵衛(仁左衛門)は、馴染みの芸者小菊(秀太郎)の客に喧嘩を売ろうと、善兵衛(右之助)や弥五郎(市蔵)と共に待ち構えています。
 一方、豊嶋屋のお吉(孝太郎)は、娘のお光(千之助)とその場に居合わせ、与兵衛に意見します。やがて喧嘩が始まり、与兵衛は侍の小栗八弥(新悟)に無礼を働きます。与兵衛の叔父山本森右衛門(彌十郎)は、甥を成敗しようとしますが、八弥がこれを止めます。そしてお吉が、与兵衛の衣服の乱れを直すところ、夫の七左衛門(梅玉)がやって来て、妻の振る舞いをたしなめるのでした。その後、与兵衛の行状が継父の徳兵衛(歌六)や兄の太兵衛(友右衛門)にも知られてしまいます。しかし当の与兵衛は妹のおかち(梅枝)を利用しての悪巧みを思い付き、これが失敗に終わると、その腹いせに継父と妹を足蹴にします。そこへ母のおさわ(秀太郎)が現われ、与兵衛を叱って家から追い出します。その日の夜、金が入用となった与兵衛は、お吉を頼ろうと...。
 片岡仁左衛門が当り役のひとつ河内屋与兵衛を一世一代で勤める注目の舞台です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

妄想の入っていない、真面目なアニマルラブもいいいですね。
あたくしも、先日の夜の歌舞伎座のお写真を撮りに行ってまいりました。建て替えと言ってますが、事実上の取り壊しです。
日本人は何故古いものを大切にしないんでしょうか。

なんでも新しくすればいいってもんじゃないのに。

No title

まあ、時間や日時にルーズな人間にとっては
カウントダウンしてもらえるほうが忘れないのでありがたいです。
あと300日以上あるんであんしんしました。
いつか写真撮りに行きます。いつか。(←こういう人間にとっては)

magさん

そういや、今回のは妄想なかったですね。
王子も妄想のないコメントで。

歌舞伎座取り壊し。
おっしゃる通り、古いものをドンドン壊してしまいますよね。
路地裏、酒場、みんな無くなっていくんですね。

sakurakoさん

でも、あっと言う間だったりしますよ、300日も。

ホモ会の活躍を楽しみにしてます。
プロフィール

daitokuji

Author:daitokuji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今どう?
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。