スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まごころミュージック・ハイウェイ

そうそう、今月のイイ音楽を紹介しようと思ってたんですよね。

ある時代、シャレなのかマジなのかわりませんが
レコードをドンドン出してた時代があったようですね。

そんな時代の遺物を紹介するミュージック・ハイウェイ。
今月は女性シンガー特集です。

一曲目はこちょこちょ娘です。


弱いんですって。
こちょこちょが。
知らんがな!っ言いたくなるがな

二曲目はキララとウララ


歌は上手いのに、曲と振り付けに恵まれなかったんですかね。

お別れの曲は岡本リサ


ブルースです。
コミックソングではなく、ブルースです。
最後まで聞くと、なんだか暗い気持ちになります。

そんな感じでまた来月。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

聞いてる方が恥ずかしい

当時は何の疑問も無く(?)出したレコードかもしれませんが、
今になるとやっぱり出さなきゃよかったって思っているはず。
こんな過去って消し去りたいでしょうね。
youtubeさえなければって思っているんでしょうけど、お陰で
私たちは楽しめちゃう訳ですから、両刃の剣ですね。
でももし自分の恥ずかしい過去がUPされたらと思うと怖い!





































































































































No title

こちょこちょ娘。
打ち込みがまだなかった、この時代特有の演奏の質の高さが
歌詞とのギャップで、そこはかとない悲しさを誘います。
ガードは固いけどコチョコチョにゃ負けちゃうって、むしろガード甘い(笑)

キララとウララは、確かどっちかが小室哲哉の初代嫁でしたよね。

mさん

そうなんでしょうね。
恥ずかしいと思っても消せませんもんね。

しかし、そういうものを所有されてる人がいるというのが
またスゴイですね。

あやこさん

こちょこちょっていうワードを選んだのも
イイですね。
くすぐりに弱いって言うより。

> キララとウララは、確かどっちかが小室哲哉の初代嫁でしたよね。

らしいですね。
どっちか知りませんけど。

No title

弘田三枝子、オススメです。
研ナオコも歌がおじょうずだね。
ぜひ。

無題さん

弘田三枝子もいいっすね。

研ナオコって最近、歌を歌ってるんでしょうか。

プロフィール

daitokuji

Author:daitokuji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今どう?
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。