スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっこさんの色白さに魅せられて。

木場あたりで呑んでます。

何かに疲れた時にちょっと寄りたい酒場ってあると思うんですよ。
ワシの中では、南千住の店に神奈川の店、王子の店に、
大島の店、そして、ココなんです。

共通しているのは、静かで緩やかな時間が流れている。
出来れば平日の早い時間に。
混む前に行きたい。

土曜には行かず、何か近くへ行った時や
早く仕事が終わった時、午後半休を取った時。
そういう時に行っている。

こないだ、居酒屋探偵DAITENさんの記事に神奈川の店が
大変なコトになっているという事が書かれていた。
あぁいう風になっちゃう原因の一つはブログによる紹介。

そっとしておかねばならない聖地を紹介してしまった事で
遠方から大挙して押し寄せ、店の方が疲弊してしまう。
その押し寄せた中にもちろん、ワシもいる。

ブログからネットから情報を得て、電車を乗り継ぎ、聖地巡礼に行って
いるその一人なので、偉そうなコトは言えない。

ご常連の方やお店の方からしたら、ワシこそが異邦人だという
事を常々、肝に命じて行動するようには心掛けている。

DSC09722.jpg
前置きばかりのブログなのですが、この店
もうご存知の通り、緩い空気が流れている。
カウンターの内側でマスミさんの長閑な対応が
ワシの疲れた心を癒してくれる。

「今日は女親分いないの?」とオッサンが言うと
「女親分って!うちの娘だよ!」とマスミさんが返す。
和む空気の中に身を置いて、黒ホッピーを呑む。
DSC09725.jpg
少したってから、「やっこの小さいのん」100円を頼むと
他のオッチャンも「オレも小さいの」「オレも貰っとこうかな」と
声が続く。

みんなタイミングを図っているのだ。

こういう店に来ると豆腐というメニューを改めて感心する。
神奈川の店が出す「湯豆腐」値段は確か180円だったっけ?
アレも実に美味い。

あの湯豆腐が居酒屋湯豆腐で一番好き。
ここのやっこさんも、イイ。
DSC09726.jpg

煮込みを貰う。
今日の煮込みはイイ按配だ。

この店のカウンターに座り、緩やかな空気の中、
ホッピーを呑み、やっこさんを喰い、煮込みを喰っている。
それがいいのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

daitokuji

Author:daitokuji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今どう?
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。