スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大徳寺、救急車に乗る。

背中が痛い。
メチャメチャ、痛い。
なんじゃこりゃ、痛い。
アホほど痛い。

眠ろうにも眠れない。
エレファントマンの事を思う。
背中を下に眠ると死んでしまうから、ずっとイスに座って
寝ていたエレファントマン。

悲しげなメロディが脳内に流れる。
イヤ、ワシは座っても痛い。
何しても痛い。

その上、携帯電話のヤツも狂ってしまったのか
何故か、1ヶ月以上前のメールを再受信開始しており、先ほどから
ブンブンとバイブレーションしている。
その音が耳障りになってくる。

尋常じゃないこの痛みにワシは布団から出たのだ。
ネットで「背中の痛み」と検索してみると
なんだか恐ろしい事が書いてある。
「背中の痛み」は結構ヤバイらしいと。

キューキューだ。
キューキューシャを呼んでこの痛みを取り除いて貰おう。

ワシはダイヤルを回す。
生まれてはじめてキューキューシャーを呼ぶのだ。
ダイヤルがなるとすぐに相手が出た。

「はい、こちら消防署、消防ですか救急ですか?」と言われ
「え? え! あ!あの消防です!」と言うてしまった。
「あ!違います、キューキュー車をお願いしたいのです」

ワレながらアホみたいな受け答えになっとるんですよ。
ちゅうか、メッチャ浮ついてるんですわ。
若干、テンションも高くなってるんですよ。

一度電話を切ると、折り返し電話がなる。
住所の再確認と歩けるかの質問が来る。
「歩けます」
「では、家の前で待っててください、数分で行きますから」

ドキドキしてくる。
どうしよ、ipod持って行く? 文庫本は?
デジカメは?
アホか!辞めといた方がエエよな。

金はなんぼほど、持って行くんや。
キューキュー車に乗るんよ。
そない大金持って出るのもヘンやん?
じゃあ、1万5千円位持って行こう。

ドンドン、テンションが高まるワシ。
家を出て、外で待ってると
背中の痛みが消えてしまっている。
おいおい!どういう事やねん!
ここまで来て、それはないやろ!

出て来い!痛み!

アホですよ、全くの。

サイレンの音が鳴る。
おいおい!ご近所さんが起きるがな!と思い、
キューキュー車に軽く手を降ると
サイレンの音が消える。

ドアが開き中に入る。
「症状を教えてください」と言うので症状を説明すると
「痛い箇所はどこですか?」

「あの、はじめてのキューキュー車でコーフンしてしまってるのか
テンションがあがっているせいかのか、アレなんですけど、
今、痛みがないんですよ」とワレながら、スットコドッコイな説明を
してしまいます。

何を言っとるんだ!キミは!というような目でワシを見つめる隊長。
ほんと、すいません。
ワシは、横になるように指示される。
ベルトを巻かれて横になると、少し落ち着いてきたのか
激痛が再び、襲ってくる。

「ここから、ここにかけて痛いんです」と背中をさわって名誉挽回するワシ。

無線で最寄の救急病院に連絡を取る、隊員。
「○○病院も今はダメみたいです」
「●●病院もダメですね・・・」

これが、噂の受け入れ先なし状態なのか?
しかし、痛みが襲ってくるのだ。
どこにワシは回されるのだろうか。

時刻を見たらキューキュー車到着から40分が経過している。
「◆◆病院が大丈夫のようです、ではそちらに向かいます」

ようやく収容先が決まり、サイレン高らかに、ワシを乗せたキューキュー車が
走り出した。

つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ええっ!?

だいじょぶなんですか!?
お肉どころの騒ぎじゃないじゃぁないですか。

背中は肝臓です・・・ まさかの呑みすぎ・・・。

ちまきさん

そうやねん、エライ事に
なってしもてんねん。

もうてんやわんやですよ。
プロフィール

daitokuji

Author:daitokuji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今どう?
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。