スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京焼肉塾・三軒茶屋あたり(前編)

こんばんは 今日はお便りを紹介します。
「大徳寺さんは、いつもどんなカッコでブログを書いてるんですか?」
というお便りです。
そんなことを知ってどうするのかと、思っちゃうんですが
お便りですから、お答えしますね。

右手にペンを持ち、左手で竿を持ちながら更新してますよ。
え? ウソつけって。
お!流石鋭い! 
そうですよね。両手で持ったらどこでキーボード打つんだって?
そうですね。じゃあ、少しちゃんと話そうかな。

いつも、ピチTシャツに着替えて、正座します。
そして、パツキンのナオンを隣に座らせて10文字書いたら、チュッ。
10文字書いたらチュッ。100文字達成毎に舌ペロン・・・・・
何を書いてるんでしょうか。

ま、こういうことを聞いている方も、ワシにはまともな回答を
求めてないんでしょうね。
本当のところは、侘しい部屋でゴソゴソやってるんですよ。
よーし、じゃあ、今夜は素っ裸でやっちゃうかなー。
その代り、諸君も今夜は素っ裸でこれを読んでくれるかな?
え? ダメ? じゃあワシも脱がなーい。

すいません、アホで。

東京焼肉塾の塾長でもあるワシのもとに、ある日、
関東焼肉総番長からメールが来たのだ。
三軒茶屋駅に集まれと。

え! 三茶ですかい?
「肉を喰わす店を紹介するから。」
三茶と言えば、太樹苑
「違う。」
三宿のトラジ
「違う。」
三宿のかくれが
「違うってば! 黙って来ればいいのだ!」
は、はい。

既に4軒回っているけれども、できるだけ酔っぱらってることを隠して
待ち合わせ場所に向うと、先に来ていたカレー王子がいきなり
「酒くさ!」って叫んだ。
え! わかる?

その時、トントンとワシの肩を叩くものがいた。
振り返ると、和服を着た美人だった。
「大徳寺さんですよね。」
え? そうですが。
「すぐわかりましたよ。ではご案内します」
凄い美人はそう言うと身を翻した。
いい香りがこぼれ、ワシの鼻腔をくすぐる。
おい!王子!ボケっとせんと着いて行くんや!
「誰ですか? あの人?」
「知らんがな」

「あの、あなたは誰なんです?」
先を歩く物凄い美人に声をかけると
振り返った顔はステキな笑顔だった。
「失礼しました。関東焼肉総番長の使いのものです」
「え? 関東焼肉総番長の? え・・・」
「こちらです」

物凄い美人はキャロットタワーに通じる通路入り、エレベーターに乗り込む。
そして屋上階のボタンを押す。
「どこに行くんですか?」不安そうな王子がワシに聞くが
ワシだってわからないのだ。

「あの、どうなってるん・・・」
ワシがいい終わらないうちにその美人は振り返るとワシの唇にキスをした。
「男は無口な方がいい」そう言ってニコっと笑うとカレー王子が
「ええなー ボクも!ボクも!やって!」というと
チンと無情にもエレベーターは屋上に到着した。

音もなくエレベーターの扉が開くとそこには、
自家用ジェット機が待機していた。
「え!何これ!どういうこと?」王子が言うと、
ジェットの入口から見たことのある顔が覗いた。
「なにやってたんよー 早く乗って!」 
新宿サーファーであった。

え? 自家用ジェットに乗ったら、靴を脱ぐように言われる。
奥へ奥へ。
紀州弁のオバチャンが出てきて
「このままやったらな、座られへんから、
机をな、こうしてやな、こうして。ほんなら座れるやろ」
と云って、テーブルの位置を変えながらワシに笑いかけた。

ワシらは言われるままに靴を脱ぎ、セットされたテーブルに
腰をおろした。
関東焼肉総番長から呼び出されたメンバーは8名だった。

妄想世界でつながっているこの方
ワシの教官でいつパンチが飛んでくるかわかんないこの方
結婚式を間近に控えたS嬢
そんなに食うなら走らんとなこの方
最近、ベリーダンスもはじめてるんだって?サーファーガール
昔・おティンティンが付いてた女
王子

東京焼肉塾・三軒茶屋あたり(前編)終わり
後編に続くと思う。
なお、このブログは妄想と戯言でできています。
ご了承ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

油断してた!

笑い死にさせる気ですか。
オフィスで読んでいて、あぶないヤツだと思われたら、僕の今後の人生に関わるじゃないですか。
前ふりしか読めなかったので、今夜家に帰ってから、素っ裸で正座して読み直すことにします。
ちなみに、認証用キーワードは「さん サン さん キュウ」でした、大徳寺さんのブログは、認証用キーワードまで笑わせてくれるんですね。

マグさん

素っ裸で・・・ありがとうございます。

コメント入力でそんなんでるんですか。
認証用キーワードなんて。
知りませんでした。管理者の返信はそういうのがないので。

ええなぁ

ボクも、和服美人がよかったですわ!(悔)
で、エレベーターん中で、帯クルクルクルーって・・・・

注;このコメントは妄想と戯言でできています。




mariruuさん

次回は是非、一緒に和服美人をクルクルーっと。

妄想世界で遊びましょう。
プロフィール

daitokuji

Author:daitokuji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今どう?
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。