スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三福(池袋)

美味しいものを求めるトレジャーブログ
「大徳寺の奥さまその手をお放し遊ばせ」の時間がやってまいりました。
脳の中は妄想でいっぱい、元気いっぱい、腹いっぱいの大徳寺です。
こんばんは

池袋あたりで呑んでます。
昔、豊島園に住んでる女と付き合ったことがあったんですが
その時は、池袋には結構行きました。
サンシャイン水族館でマンボウを見たりしたんですが、水族館って
いいですよね。
確かあそこ、酒も呑めるんですよね。
パーティーとかもできたハズです。

魚を眺めるのって、星を眺めたり、焚き火を眺めたりするのと同じ効果を
持ってるような気がするんですよ。
昔、代官山に夜光虫ってバーがあって、そこにはブラックライトだけが店内灯されてて
その中に水槽があってそれを眺めながら、酒を呑むんですがコレが結構
ココロが静まるんですよね。
もう、その店はなくなっちゃったんですが。

中目黒にも水族館みたいな店ありますけど、そこにはデカイ魚が優雅に
泳いでて、それはそれでまたイイです。

水族館では、暗くした部屋で輝くクラゲの浮遊を見るのもイイですよね。
そんなとこに17時からはバーテンダーの人が立ってて、カクテルとか酒を
出してくれたりするなんて、いいですよね。
クラゲの水槽前では、カクテルやワインを呑めたりするのって。

池袋あたりで呑んでます。
この店にお邪魔してみました。
114_20090515084018.jpg

駅前という立地の良さなのか、結構満席です。
カウンターの中ほどに座り、今度は日本酒を貰いました。
一合280円

ここでも看板メニューはやきとんなので、やきとんを頼みます。
1本から頼めます。120円。
もつ煮込み420円は、塩味でわしの舌は喜んでおります。
部位もいろいろ入ってる。

しばらくすると、オッサンが一人入ってきていきなり
「ホッビーある? 」と聞く。
「一杯売りですが」と答える店の人。

瓶、中身とかはなく、一杯売りなのだ。
「まぁいいや。」とオッサンは席に座ると
「氷なしで。」と言う。

オッサンの前に運ばれてくるホッピーを一口呑んで
「ホッビー360円!いいねぇ!この価格でずっと頑張ってよ!」
と店に叫ぶ。
店の人は答える。
「ありがとうございます」

あぁ、そうやでな。
こうやって、値段の事をちゃんと声にするのって大切やわ。
ブログに500円のホッピーが高いだのゴチャゴチャ書いてても
店には何も伝わらないんですもんね。
なかなか難しいけれど、こういう事を口にする事の大切と考えさせられました。

特製味噌と言うのか、小瓶に入ってるモノがある。
コレとやきとんのたれを混ぜてくうと美味い。
115_20090515084018.jpg
あぁ、幸せなり。幸せなり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

反省

大徳寺様

居酒屋探偵DAITENです。
たしかに、
500円のホッピーの店に入っても飲まないだけで、
何も言わずに他のものを飲んでしまう気の小さい私です。

「ホッピー500円かあ、そんじゃあ、帰るわ!」とか
大声で言って出てきてしまう勇気とかあれば良いのですが。
一日に十人とかに、そんなことやられたら、
お店も考えますよね。きっと。

うそ~!

大徳寺さま

実は、西口交番の前で、三福を発見して入っちゃおうと思ったんです・・・。ただですね、お店があまりにもきれいだったもので、ちょっとあれかなと思って写真だけ撮って、ロマンス通りを探索しに行きました。
それで、渋い店構えに痺れて豊田屋に決めたんです。
やっぱり男は、渋い酒場に惹かれるじゃないですか。

本当はね、正直に言いますけど、お店をのぞいた時にいた女の子がね、ちょっと可愛かったもので、ついふらふらっとね誘い込まれちゃったんです。

この記事を読んで、こんないいお店だったなら、三福にも入れば良かったです。

ちなみにこの日は、電車の中で宝焼酎ウーロン割りを2本いただいてますんで、これでお開き、家に帰ってホッピー飲んで終了しました。

居酒屋探偵DAITENさん

そうなんですよね、声に出すのってなかなかできませんよね。
酔客に対してもそうです。
やっぱり平和に黙ってやり過ごしがちですね。

お店を変えるのはお客なんですけどね。

マグさん

そうだったですか~
かなり接近してたんですね。

確かに渋い酒場に暖簾のくたびれ具合に
惹かれますよね。

その女の子に惹かれるってのも男の性ですよね。
わかります。私も目の前でそんなん見たら
入る店変えるかもしれないです。
可愛い女性がいるだけで妄想で呑めちゃうそうですから。

つまみは妄想です。

大徳寺さま
飲む時のつまみは妄想が一番美味しいです。
通勤中も、妄想モードで降りる駅を乗り過ごしたりする事が良くあります。会社の気になる女の子と飲みに行くのも、妄想で終わってしまって、実際に飲みに行くのは1/10くらいですね。誘おうと思って妄想していると、それで満足して行った気になってるんですから、まったくおめでたいもんです。

マグさん

つまみは妄想。
いいですねぇ。
一番美味しいってのは、そのとおりかもしれないですね。

ほんと、私も一人酒の時は妄想ばかりしてるかも知れません。
プロフィール

daitokuji

Author:daitokuji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今どう?
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。