スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仁王門湯(名古屋・大須観音)

カバンが重いの手が痺れそう。
最後まで気のきかない誰かさん。
というワケで別れ際でも気が利かない男
大徳寺です。

こんばんは 浪花の恋男・大徳寺です。
実際は浪花でもなんでもありませんけどね。

名古屋あたりで。
名古屋ジャンボリであります。
ジャンボリの理想系というのは3ないし4名
構成で街を攻めるのがいいのですが、ひとり
ジャンボリとかツインジャンボリとかってのは
結構、厳しい。

喰うのが辛いのであります。
それをせっかく来たんだから。とか言って
無理やり詰め込むとワシのような、
ボヨヨンな体系になってしまうのですよね。

そんなジャンボリにおいて、中休みが銭湯であります。
湯につかってリフレッシュ。
今夜の銭湯は大須観音にあるこちらでありんす。
112_20091129081247.jpg

仁王門湯。
大須観音には二対の仁王像が安置されております。
残念ながら、銭湯の壁に仁王像が描かれている
ワケではありません。

113_20091129081247.jpg
暖簾をくぐりまして、裸のワシになっていた所
若い衆がドヤドヤと入場でヤンス。

10数人いらっしゃる。
銭湯初心者もいるようでやりとりがなかなか楽しい。
「ここ、前払い?後払い?」って番台のオジサンに
聞いてたり、中に入ると
「シャンプーとか石鹸置いてないぞ!」って
なんだか、フレッシュな気分になりました。

ところが、湯船は小さめなのが5つほど別れており
その10数人が入ると、もう入る余地がない設計。
長湯せずに、サクっと温まり外に出ると11月の夜風が
気持ちいいです。

次、いってみよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

daitokuji

Author:daitokuji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今どう?
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。