スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルディ・グラ(銀座)

銀座ライオンを出て夕暮れの銀座を歩く。
ギンブラという言葉は今でもイキてるんでしょうか?

すっかり浮かれてしまっています銀座の大徳寺でございますが
今夜はツレが予約してくれた店へ向います。

その店の名はマルディ・グラ

11.jpg

肉をガッツリ喰うならマルディ・グラと言われた時代もあったようですが
ネット上の評価は賛否両論。

ワシはこの店バージンだったので、できるだけ偏見を持たずに
お邪魔しました。
評価はワシの舌で決める。ですわ。

zxzx

これ、名前なんやったかいなぁ。
まぁ、盛り合わせですわ。
ブータンノワールやラム肉なんかも。
しかし、カメラマンの腕が悪いのか
携帯がボロいのか、暗くってなにがなんだか
よく見えませんね。

ほんま、喰いもんは美味いように撮れてへんよなぁ。

ちょっと固い部分もありますが、なかなか美味い。

ワインもよかった。

お会計したら、一人1万円ちょい。
高いとは思わなかったんやけれども。
けれど。けれどですよ。
何でしょうか、この寸止め感は。

そこでワシなりに考えてみました。

何を喰うよりも、誰と喰うか。
これ非常に大切な問題やと思うんですわ。
今夜はいい相手と一緒やったから、楽しい夜を過ごせた。
だから、何の問題もなかった。

でも、この寸止め感。
どこから発生するんやろって。

違う角度からこの寸止め感を検証してみてん。
今度誰かを連れていくか?という事になると
こりゃ難しい話になる。
でも、喰うてない他の肉をもっと喰いたいねん。
しかし、なかなか来るチャンスないんかもなぁって。

なんでかな。
ちょっとわかったような気になった。
もっと美味い肉喰える店を他に知ってるからかもしれへんわ。

今や、雑誌を読んで店の情報を得るより、ネット上のブログを読んで
情報を得た方が圧倒的に量も多いし、役に立つ。

そういう時代になったいう事は、段々とみんな安くてホンマにうまい店に
時間と交通費をかけてでも、行くんですよね。

銀座に出店しているから。それだけで客が集まる時代ではないんでしょうね。

銀座にあるから。家賃が高いから。
だから、値段も高いってのはもうまったく通用せえへんのんちゃうかなと
思ったのです。この店だけやなしに。

今や、少々場所が悪くても美味い、値段もよかったらみんな行くねん。

生意気にもそういうことを銀座の夜に感じたのであります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

daitokuji

Author:daitokuji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今どう?
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。