スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

権兵衛(京都)

こんばんは 大徳寺です。
親子丼ハンターこと大徳寺の「親子丼が喰いたくて。」
男の夢、親子丼。
そんなロマンを求めて。
京都に美味い親子丼の店があると聞いて
雨降る祇園にやってまいりました。

親子丼というのは蕎麦屋メニューの中でも玉子丼、木の葉丼に
続く3番手という感じでカツ丼より低い位置にあると思ってたのですが
昨今の蕎麦でも、カツ丼より高額な店が増えてきたりして
気がつくと、カツ丼より親子丼の方が行列ができる店が増えており
お手軽な親子丼ではなく高級親子丼へとグレードが上がって来ているようですね。

ちょっとした親子丼ブームがワシの中で巻き起こっているんですが
起こってるっても、ちょっと喰ってみるか。程度のまぁ、シェフの気まぐれサラダみたいな
感じなんっすよ。

しかし、あのシェフの気まぐれ料理っていう名前のメニューがあるんですが
あれは、文字通り気まぐれで中身はその時の気分で変わったり
今日は作らないよ!なんて、シェフの気まぐれで作るからそういう名前なんですよね。

シェフの気まぐれサラダとかっていうメニューを考えるシェフの血液型は意外と
偏ったりしてるんでしょうか。

ま、どっちだっていいんですけどね。

そうそう親子丼だ。親子丼でございます。
まだまだ庶民の丼ってイメージがワシの中で根強いのですが、
こちらのお店
115_20090427002425.jpg

親子丼の価格が1400円でございます。
親子丼が高額なのはここだけではありません。
行列がいつも絶えないという、玉ひでさんもそぼろ親子丼は800円ですが
東京しゃもを使用した匠という親子丼は1900円です。

親子丼って言いながら気になるのが親と子と思ってたんだけれども
実は他人って言うことですね。
何も玉子を産んだ親鶏でないとアカンと行ってるワケではないんですが
鶏肉はどこそこの肉で玉子はどこそこので・・・
という事は、別種族丼? もうちょっと広くとらえると同族丼?
世界は一家人類はみな兄弟っていう考えからいうと親子丼ですね。
ま、ホントはどうだっていいことなんですけどね。

確かに多くの方が親子丼を注文されていますが、地元の家族づれはちょっと
違います。
全員、うどんを注文して一家4人で親子丼1つを分け合ってます。

いよいよ、ご対面っす。
これが、権兵衛の親子丼っす。
116_20090427002425.jpg

どこかで書いてあった日本一の親子丼って卵がこんなにユルユルなんですね。
後半は卵掛けごはんを喰ってるような感じなんですね。
ワシの今まで喰ってきた親子丼とまるで違うのですね。
ワシの嗜好がおかしいのかも知れませんね。
ワシの舌では理解できないのかもしれませんね。

でも、きっと一度はこちらの暖簾をくぐっていた事でしょうから
後悔はありません。
京都の思い出として。

少し親子丼ハンターとして自身がなくなりました。
ワシの中から親子丼ブームが下火になっていくのを感じたのでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

daitokuji

Author:daitokuji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今どう?
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。