スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でですけ(恵比寿)

もし、村上春樹の小説に出てくるような人物だったら
その喫茶店でチャールズ・ディケンズを読みながら
コーヒーを呑んでいたと思うのだ。

そして、店内に流れるドビッシーを聞きながら
一時間ほど本に熱中していたのだとうと思うのだ。
ふと眼をあげると、同じように本を読んでいる美女と
眼があい、見つめあうと思うのだ。

やがて、どちらかともなく席を立ち、相手のテーブルに
腰をかけ、この近くに気の利いたイタリアンレストランが
あるから、お昼を一緒にしないか。
ワインを呑みたいのだけれども、1人でボトルを呑むのは
難しいし、何よりも味気ないから。
そんな事を言って、小さなイタリアンレストランに行くのだと
思うのだ。

しかし、現実にその寂れた喫茶店にいるワシは
村上元三の次郎長三国志を読んでいたし
流れている音楽は氷川きよしだった。

ふと眼をあげたら、おばあちゃんが居眠ってる。
喫茶店のオバさんが、手作りクッキーなのと
ワシに持ってくるのだ。

クッキーを喰うと口の中が痒くなるような気がして
クッキーはあまり得意ではないのだけれども。
そんな事を言えるわけもなく、
ハハハ、ありがとうございます。と乾いた笑いで
お愛想するのだ。

役回りってそんな感じでちゃんと与えられた役通りに
シナリオが書かれたりするんちゃうかと
思ったりするのだ。

しかし最近、しっくりした生活ではなくなんとなく
よそ行きの服を着たままのような、なんというか
別の人の人生レールに乗ってる感が否めないのだ。

さて、今夜のブログは恵比寿が舞台だ。
しかしだ。
なんというか、その。
もうこのヨルのコトはあまり思い出したくないという
ヨルだってあるのだ。

今夜は、ここへやってきたのだ。
111_20091111234315.jpg

このお店、少し前にちょっと事件があった店ですが
今では普通に営業してます。

ここはね、おうどんが美味しいんですよ。
〆のおうどんが。

というワケで恵比寿のヨルだったんです。
ね、そんな日のブログだってあるんです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

daitokuji

Author:daitokuji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今どう?
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。