スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河本(木場)

木場あたりで呑んでます。
113_20091107081241.jpg

こちらへお邪魔しました。
暖簾がビンテージもんのジーンズのような色落ちで
心を揺さぶるのです。

いつか、酒場の暖簾だけを集めた写真集を個人的に
つくりたいと思うのだ。
ワシはイイ暖簾を観ると胸がキュウンとしてしまうのだ。
暖簾に恋する。そんな感じ。

色落ち具合に加え、手書き風の文字。
カチっと書かれた文字ではないところにまたキュウンと
してしまうのだ。

暖簾がワシをおいで、おいでする。
今夜はこの女とともにするか。
そんな風に思ったりもするのだ。
かなり熟女な暖簾だけれど、ワシは暖簾熟女好き。
また、なんやおかしな話しとるな、ワシ。

17時過ぎ位に店に入ると既にカウンター半分ほど
座ってらっしゃる。
ワシはちょうど真ん中あたりに腰をかける。
左側はビギナーズ席。

この店のイスは長方形。
それをヨコにすると座りにくい。
縦にして座るのだ。

黒ホッピーと煮込み。
114_20091107081241.jpg

男性の方が入ってきて、焼酎をグラスで貰ってはって
ホッピーを呑んだコトが一度位しかないとおっしゃった。

九州から来たんだとおっしゃる。
ホッピーは九州ではないですもんね。というと
女将のマスミさんが「浜松までだからね」と。

せっかく東京来たんなら、呑んだら?と
薦められて男性はホッピーを頼んでいた。

おでんはまだもう少し寒くならないとやらないという。

煮込みに玉子を入れてもらって。
しょうゆがけを貰い、ホッピーは3杯呑む。

女将のマスミさんは冗談で
「ワタシは300歳生きるから」と言って笑った。

3杯目の黒ホッピーを空けたら、そろそろ恵比寿に
向かう時間。

1500円のお会計をして店を出た。

たまにはこういうアッサリしたのでブログが終わることもあるのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

daitokuji

Author:daitokuji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今どう?
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。