スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酔来軒(横浜・横浜橋)

たまに、前川清の歌声を聴きたくなる夜って
あるじゃないですか?
え? ないの? 
クールファイブなんて、イイ歌唄ってますよ。
え? 興味ないの?
あっそ。

しかし、たまに自分の書いたブログを読み直したりする
んですけどね、イヤになりますね。
アホすぎて。

だからと言って、書き直すのはもっと面倒臭いので
そのままにしてますけど。
「面倒臭い」について今夜は考えてみます。

大徳寺の大徳寺的ココロ。
え? 小沢昭一のパクリだって?
あのラジオ番組って長いですよね。
知らない? 知らなきゃ話にならないですね。
ちょっと予習くらいしてこなきゃ、ココでは
童貞扱いですよ!

海外旅行に行ったりしたときなんか
機内放送で流して欲しいといつも
思うのは、小沢昭一のしゃべりとか
古いけど、鶴瓶・新野新のぬかるみの世界とか
あぁ言うなんちゅうでしょうね。

ラジオの中世界って、ヘッドフォンで聞くから
エエみたいな世界。小宇宙みたいな世界での
楽しさってのが欲しくなるんですよ、長距離の
飛行機では。

すいません、ようわからん話で。

横浜橋にやってきました。
今日はちょっと休みなんやけどちょっとだけ
一人で出かけてもエエという許可を頂戴して
出てきました。
ワシ、なんで、こんな説明してんねんな・・・

横浜橋あたりといえば、昼呑みの王国。
知る人ぞ知る、天国であります。
まだ踏み荒らされていない昭和84年の世界。

まずは腹すいてますんで、こちらでサクっと。
111_20090929002137.jpg

小上がりの畳の部屋。
112_20090929002136.jpg

メニューは色々あって悩むねんけど
今日は短い時間に一人ジャンボリやるから
酔来丼と瓶ビールだけで。
113_20090929002136.jpg

この丼、グチャグチャっと混ぜて喰う。
400円。
なんか幸せにしてくれるねん、この丼。

横浜橋あたりで呑んでます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

徳島丼

弊社の社食のメニューに、徳島丼なるものがあります。
徳島ラーメンの具だけを丼飯に乗せたものなんですが、
これが酔来丼に似ていますそして何故か徳島ラーメン
はメニューにありません。変な社食ですよね。
酔来軒是非行ってみたいですね~。この手の食べ物に
は、目が無いのであります。

マグさん

徳島丼!そりゃ、スゴイっすね。
徳島出身者が厨房にいるのでしょうか。
聞いた事ないです。

徳島ラーメンの具だけを丼に乗せるって
発想がイイですが、きっと地元じゃ普通に
あるメニューなんでしょうか。
ラーメン抜きで。みたいな。

色んな企業の社食訪問ってのをやりたいです。

酔来軒はいいですよ。
他にも堪んないメニューばかりで
一人じゃなく数人で小上がりで呑みたいと
思っちゃいました。 その時はご一緒しましょう。

おはようございます。

京浜地区を回るのはいいですよね。
私も近いので、横浜、鶴見をふらふらします。
ところで、前から思っていたのですが、大徳寺さんは、ラジオの影響が強いですよね。
私もそうなのです。ぬかるみの世界は日曜日の深夜やっていませんでした?
他のラジオ局は放送していない時間だったので、電波遠いんですけどたまに聴いていました。
後、大徳寺さんの文章を読んでいると、浜村純さんをほうふつさせるときがあります。
それが良いのです。
後、思うのは、番組の前ふりって、昔良くあったじゃないですか。
あれはとても大事だと思うんです。「豊臣秀吉がまだ、木下籐吉郎
だった頃、琵琶湖の南に金目教という...」という番組は小さい頃よく見ていました。

fatricefarmさん

> 私も近いので、横浜、鶴見をふらふらします。

そうなんですか。鶴見はほぼ降りたことない
街です。そのうち、鶴見方面にも進出したいです。

> ところで、前から思っていたのですが、大徳寺さんは、ラジオの影響が強いですよね。

おっしゃる通りです。
実は、ブログを書くとき一人でラジオのディスクジョッキーを
やってるつもりで書いてる事が多いんですよ。
これって見えない相手に一方的に話しかけるので
なんとなく、そんな感じで書いてます。
深夜放送でラジオの前ならぬ、モニターの前で
読んでるリスナーを意識してたりします。

> 私もそうなのです。ぬかるみの世界は日曜日の深夜やっていませんでした?

そうです、日曜深夜です。

> 後、大徳寺さんの文章を読んでいると、浜村純さんをほうふつさせるときがあります。

それは嬉しいです。ラジオ番組をやってる風に書いてるので。

> 後、思うのは、番組の前ふりって、昔良くあったじゃないですか。
> あれはとても大事だと思うんです。「豊臣秀吉がまだ、木下籐吉郎
> だった頃、琵琶湖の南に金目教という...」という番組は小さい頃よく見ていました。

ありました、ありました。
ボクも好きです。
「一かけ二かけ三かけて、仕掛けて殺して日が暮れて
橋の欄干腰下ろし 遥か向こうを眺むれば
この世は辛いことばかり。片手に線香 花を持ち
おっさん、おっさん どこ行くの
あたしは必殺仕事人 中村主水と申します
「それで今日は、どこのどいつを殺ってくれとおっしゃるんで?」
とか、「死して屍拾う者なし」なんかが子供でよく意味が
わからなかったけど好きでした。
プロフィール

daitokuji

Author:daitokuji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今どう?
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。