スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉野(京都)

京都あたりで呑んでます。

京都へちょっと酒を呑みにいってきたんですけど、
関西方面ってどうしても、大阪ばっかりになってまうんですよね。
ええ時期は宿が取られへん。
それで、京都で取られへんから大阪に泊まる。
そう言う事が多いんですけど、今回は久し振りに京都に宿をおさえ
夜をゆっくり堪能しようかということでピュっと飛行機に乗りましてん。

伊丹空港から京都駅までのバスに揺られ、京都駅に到着したのは11:30すぎ。
お腹も空いて来たので、メシを喰おうと考えた。

ちょっと駅から歩くけど、お好み焼きの店へ向うのであります。

三十三間堂の近くのこのお店。
111_20090426223815.jpg

行くと、修学旅行のグループが先に待ってんねん。
今の修学旅行って凄いんですね。
5,6人のグループがタクシーに乗って行動するんですね。
9人乗りワゴンに案内の運転手さんで。

昼飯なんかも、その運転手の方が案内するみたいで
次から次へと、そういうグループがやってくる。
混雑せえへんように、事前に運転手の方が店へ電話して席を押えたうえで
店にやってくるんですね。

そんな隙間を縫うて店に入ります。

まずは生の小350円とほそ焼き900円をお願いする。

このほそ焼きちゅうのは、ホルモンですね。
これをモヤシやらキャベツやらで炒めたんをビールで喰う。
あぁ、幸せな気分にさせてくれます。

ビールに続くは、チューハイの中にあるメニューで赤。
これは、赤ワインに炭酸を入れるねんけど、
「甘いのん?」と聞かれる。「甘いのん」と答えると
割るもんは、キリンレモン(恐らく)で割ってくれるんで甘くなんねん。

今度は、すじ玉そば入り850円をお願いします。
ワシは辛いのんが得意ではありませんが、辛いソースでいただきます。
この辛いのん、最初は結構効くんですけど、段々とクセになる。
あぁ、幸せ。

なんなんでしょうね、この幸福感。
鉄板の前に座って、ソースが焼ける匂いを嗅ぎながら、テコを使って
アッフンアッフン言いながら、いただくお好み焼きは幸せです。

鉄板前でこのビジュアルをよう撮影できませんでしたが、仕上げに玉子を
キャキャンと割って底に入れる、あの半熟さも堪りません。

こないだなんかのテレビで関西人は毎週お好み焼きでも大丈夫や。
そういう話をしてたんがあってんけど、いや、ホンマ、こういう美味いのん
喰うたら禁断症状でるがな。

こうやって思い出しながら書いてると、涎がたまってきて・・・
アカンわ、我慢でけへんようになるがな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

daitokuji

Author:daitokuji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今どう?
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。