スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お腹袋(神楽坂)

神楽坂あたりで呑みましょう。
そんな言葉であつまることになった
それいけ!ズッケコ3人組み。

トンキチこと大徳寺は仕事をモーレツに終わらせて
神楽坂を目指すのだ。

そのころ、チンペイはお仕事の関係で神楽坂には
21時半頃の到着になっちゃいそう。
そのうえ、カンタは急なお仕事で終わりがまったく
読めなくなってしまった!

そんな連絡をもらったトンキチこと大徳寺の
巨体はすでに飯田橋に到着しそうだったのだ。
コレも何かのご縁です。

二人はいつ来るかわからないけれど、飯田橋・神楽坂あたりで
呑むことにしました。

昔、何かの映画を見てたら鳥城酒蔵が出てきて
調べてみると、飯田橋にあるというコトがわかり
いつか行く店として、食いしん坊黒皮の手帖に記載して
あったのを思い出し、そこで呑もうと考えた。

しかし、どんなに早くとも21時半過ぎのチンペイ
今夜は来れないかもしれないカンタ
一人で身が持たないと不安に震えるトンキチ
飯田橋あたりを通過しそうな誰かを呼び出すことに。

心当たりあるターゲットはたった一人。
ポンタにメールを送ったら、小膝叩いてニッコリと持ってた扇子をパッタと
落とし「グッドタイミング!」とポンタはこちらへやって来ることに
なったのでした。

一人で呑みつぶれる不安に脅えるという心配がなくなったので
鳥城酒蔵を見つけようとウロウロするが、
手帖記載の住所にはそれらしき店が見つからないのだ。

結局、見つからず終いであきらめてしまった。
後からわかるのだが、ワシの手帖情報はかなり古く、
駅前再開発でその場所から別の場所でプレハブの仮設営業を行い、
今年の6月頃よりさらに新たな場所で営業再開したということだった。

見つからないワケだ。
じゃあってことで、カンタのおすすめであるこちらへ
回ってきたのだ。
113_20090904012250.jpg

幸いなことにカウンターがちょうど二人分あいている。
席につき、瓶ビールを貰う。
お通しはカウンターの上に乗っかってる惣菜から
選べるというのでその中から、もっともワシに不足してて
喰ったほうが良さそうな、カボチャの煮たんをお願いした。
111_20090904011910.jpg

壁に貼られたメニューを見ると何やら美味そうなモノが並ぶ。
後ろのテーブル席から
「もう一回、玉子焼き貰おうかな」と声がする。
二度喰い。そんな美味いのか。
ハッキリは覚えてないが、自家製とか特製とか。とにかくココでは
特にオススメのようなコピーがメニューに書かれてあったのだ。

ポンタがまもなく合流する。
その話をして、玉子焼きをお願いする。
「少し時間がかかるのでお待ちください」と。
冷酒に切り替えて、しばし待つ。

お待ちかね玉子焼きの登場。
112_20090904011910.jpg

この玉子焼き、絶妙なのです。
外を巻く玉子はカリっと歯ごたえがあって
中はトロっとしてる。こりゃ、エエがな。
お通しからして、この店は何を喰っても美味いハズ。
そう確信したワシらは、壁に貼ってある雑誌記事に
紹介されているメニュー。
山芋焼きをお願いする。
これも、自家製か特製かそんな冠がついていた一品だった。
113_20090904011909.jpg

山芋の上に乗るは、ゆかりと胡麻。
なるほど、ココは素敵なお店だ。

お客様はワシらよりずっと先輩方。
それも女性の先輩方が多い。
そういう方がわざわざ、ここにやってくるワケを
知ったのだが、まだまだ喰ってないものが多過ぎる。

思わず一杯喰っちゃって、ヤバイなヤバイなと思いながら
ポンタにもう一軒付き合って貰うことにして店を出たのでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

daitokuji

Author:daitokuji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今どう?
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。