スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀次(横須賀中央)

横須賀あたりで呑んでます。

111_20090805235847.jpg
横須賀という街は魅力的な街だ。
その昔、ワシがまだ青い会社員だった頃
上司に酷い呑兵衛がいた。

酔うと人が変わる人で散々、呑み喰いして
最後の一軒として入ったスナックでウイスキーの
ボトルを入れコレをあけないと帰らないという男だった。

早く帰りたいワシはウイスキーをガンガン呑んだ。
オッサンは既に出来上がってて呑める状態ではないのだ。
その頃夢中で呑んだおかげである程度呑める
呑兵衛・大徳寺が出来あがったのかもしれない。

そのオッサンはいつも酔うと横須賀へ行こうと言った。
横須賀は遥か遠いイメージがあり、何度も断った。
横須賀にある、デブの店がイイ店なのだと何度も
ワシに言ったのだ。

ある時、呑んでる席でその横須賀のオッサンがこんな話をし出した。
このあいだ、外人将校の金髪妻が一人で呑みに来てて
旦那が海外へ行ってて寂しいとと言った。
誰でもいいから抱いて欲しいのだと・・・・

マジっすか!
まだまだ、毛穴から湯気が出てるような小僧だったワシは
その話を完全に鵜呑みにしたのだ。

横須賀、行くっす!
その日、タップリ呑んだ状態でワシとオッサンは
鼻息荒く横須賀へ乗り込んだのだ。

はじめての横須賀。
まさしく、ィヨコスカンショック!
外人だらけ!
どぶ板通りの中ほどにあるデブの店へ入ると
そこには壁に英語でメニューが書かれ
外人たちがうじゃうじゃ。

デブ!デブ!とオッサンが叫ぶとそこへ現れた
デブのオバハン。
「あら~ いらっしゃい!」

その時、悟ったのだ。
オッサンの話は絶対ウソだ。
もし、本当でも、これだけ外国人に囲まれた状態で
将校の金髪妻を口説くほど、根性は持ち合わせてない。

横須賀の夢、破れたり。

そんな思い出の横須賀ストーリー
大徳寺、オッサンになって帰ってきました。
そして、銀次
112_20090805235848.jpg

開店の少し前に店の前を通りかかると、既に
暖簾が出てた。
115_20090805235849.jpg

暖簾をくぐり、カウンターに座る。

日本酒を貰い、まずは湯豆腐半丁。
横須賀の湯豆腐はからしが塗ってある事でも
知られている。
113_20090805235848.jpg

こんなに美味いのにどうして他所ではまねをせえへんのやろ。

114_20090805235849.jpg
煮込みもまた美味いのだ。
しぐれ煮のようになってるのが美味いなぁ。

カウンターの中でかつおぶしを削る音が静かに流れる。
横須賀、ほんとにたまにでいいから呑みたい街だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

豆腐にはからしです!

銀次でいただいてから、豆腐にはからしと決めました。
冷奴にも合うんだな~これが!
確かに銀次の煮込みは独特ですね、時々白い御飯が欲しくなって困ります。
串カツと砂肝の素揚げも旨いんですよここ。横須賀一人飲みの殿堂ですかね。

magさん

ですね、豆腐にはからし。
冷奴も喰いたいです。

串カツと砂肝の素揚げもですか。
またチャンスがあれば喰いに行きたいです。

No title

でましたね。金星劇場。
あの近くにターバン巻いたインド人の看板のカレーの店があると思います。
私も、たまに横須賀行きます。居心地良くて大好きです。
天國は、前酒場放浪記で見たとき、きれいなお姉さんが居たんですが
最近見てません。
又、時間出来たら、横須賀中央行って3軒くらい回りたいです。

fatricefarmさん

インド人のカレーの店、ありました。
喰いたくなりますが、あれ喰っちゃうと
他をまわれないと断念しました。

天国にキレイなお姉さんですか・・・
その時間にはいなかったかもしれないです。
たまに行きたい横須賀中央ですね。
プロフィール

daitokuji

Author:daitokuji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今どう?
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。