スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ENGAWA(渋谷)

ある呑み屋に行った時の事だ。

その店ははじめて入る店で
「うちははじめて?」と店のオバチャンに聞かれたので
そうだ。と答えたら、
「いつもどこに行くの?」と聞いてきた。

こういう場合は特にないとかサラリと流してもいいんだが
あえて、店の名前を出してみるのも酒の肴にいいかと
思い、その日は●●にたまに行きますよと答えた。

するとだ、オバチャンが「え!」と物凄い驚いた顔をして
急に声を潜めて言うのだ。
「あそこの主人、いた?」
ええ。いましたよ。カウンターに。
「あの男、後家殺しの疑いがかかったんだよ」と。
え? 後家殺し?

オバチャンは緊張した顔でさらに声を潜める。
店にはワシしかいない。

「あそこの店は前に女将がやってたんだよ」
へぇ~
「でね、その女将がある日、惨殺されたんだよ!」
ひぇ~
「店中、血だらけでね、むごい殺され方だよ」
そんな事件があったんですか?
「その店に少し前から入り込んだのがあの男だよ」
えぇ! ホンマ?
「しかしあの男にはアリバイがあったんだよ」
・・・・・・・
「でも怪しいよ。あの男は!」
・・・・・・

あの男と呼ばれている男の店に
行った時、あの男は昔からここらへんで
商売やってたと言ってた。

惨殺事件がいつあったかは知らないが、あの店も
あの男もずいぶんと長いとこそこにいるようだ。

オバチャンの話はどうも違うような気がするが、
あの辺りにその名前の店は一軒しかない。

そしてオバチャンは言った
「乗っ取りだよ、あの男は乗っ取ったんだよ」

ワシはそれ以来、そのオバチャンの店も
その男の店にも近寄ってない。
酒場の話を鵜呑みにはしないが、こういう話は
ちょっと怖いのだ。


そんな話とは全く関係なく、お昼御飯はこんなトコへ入った。
111_20090730105227.jpg

ひつまぶしだ。
112_20090730105227.jpg

ヨルはさぞかしステキな男女が集い、オシャレな店に
なるのかもしれない。

暑い日にあの惨殺話を思いだす。
あのオバチャン余計な事を教えやがってと思うのだ。

ひつまぶしは、うなぎの専門店で喰ってるワケではないので
どうのこうのは言ってはいけないような気がした。

出汁は美味かった。、出汁を入れてなんとかなった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

daitokuji

Author:daitokuji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今どう?
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。