スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華空間(学芸大学)

こないだ読んでた本の中で書いてあったのだが
男というものは、女性から相談されたりすると、
すぐ調子にのって、カッコイイことを言おうと
欲張って説教臭いことをしてしまう。

本質を突くのはもっとも最悪だ。
人間というものは痛いところをつかれると、
感謝するより反発するものなのだ。

恋をした男はアホだから、有益なことを
言おうとして、必ず無益なことを言う。

ただ相槌をうちながら、マジメに耳を傾けることが
相談にのる一番いい方法なのだ。

というようなコトが書いてあったのだ。
なるほど。
過去にこういう失敗を犯したことを思い出した。

こういうコトをちっとも学習できてない。
そんなことを繰り返しているうちにオッサンに
なっていました。

いつかは恋愛の達人に、カッコいい大人に
なれるんだと思ってたのですが、いつまで
たってもなれない奴はなれないというコトに
気がつきました。

そのかわり、ヘタでエエやん。
無理に上手になる必要はあらへんがな。
そう開き直ることを覚えたのかもしれません。

別れの辛さを考えると、「もう恋なんかしない」と
牧原の歌の歌詞みたいな気分になる。
「なんて言わないよ絶対」って言うのはしんどい。

あなたは言う。
「幸せのベルの鳴らし方がわからない」と。

華空間で紹興酒を呑みながら
ベルの鳴らし方について、考えてみたけれども
紹興酒は何も解決してくれないのだ。

何のこっちゃ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

daitokuji

Author:daitokuji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今どう?
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。