スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊一(石川県・金沢)

真夜中の雨、眠れない夜。
音楽を流すも気が紛れない。
そんなアナタの拠り所、ホテル・ハロー!アニマルラヴ!

ようこそ、支配人の大徳寺です。
アニマルのような夜を過ごしませんか?
え? イヤだ? どうして?

大滝詠一もう言うでないか。
「もし、キミがボクのように楽しみを
4倍にしたいと言うのなら、月にmmm・・・吠えるのさ」
四つん這いになってごらん。さぁ。

すいません、すっかりその気になっちゃいました。
さて、そんなアホは金沢あたりにおりまして、
残り時間もなくなってくる。

金沢駅18:10に乗りたいので、駅まで戻り
黒百合に行こうかとも考えたのですが、
毎度、毎度黒百合もどうかと思い、こちらに
入ってみたのです。

117a.jpg

118a.jpg

17時から開店でワシが一番乗り。
さっそく、お酒をお願いし、ココでもおでんを。

鼻水を垂らしながら、酒を呑んでますと、女将さんが
ポケットティッシュを持ってきてくださる。
「風邪?」
いえ、まだ花粉症なもんで。
「大変ねぇ」

大変なんです、これが。そう続けたい気持ちを
飲み込み、黙って微笑んで酒を呑む。
「今日はお花見しないの?」とまた女将さんが声をかける。
えぇ、今日はお花見行かなかったです。
兼六園は満開ですってね。
「そうみたいねぇ」
やっぱりこういう夜は遅くからお客さんが来るんですかね?
「そうね、お花見終わってからね」

ワシはチラリと時計を見る。
バスで駅まで行こうと思ったけれども、会話が続くし
もう一本、お銚子を貰ってタクシーで行こうと決め
お代わりをお願いする。

年季の入ったご主人は黙ってテレビを見ている。
壁にはタイガースのカレンダーが貼ってある。
お父さんはタイガースファンですか?と聞いてみる。
「そうだよ」
昨日、一昨日はすごい試合でしたね。
金本はスゴイっすね。というと
お父さんは冷静に
「アレだけもつれるってコトはピッチャーが悪いって
ことだからね、あれだけ打たれると心配だよ」と
テレビを見ながら答えた。

時計を見る、そろそろ時間だ。
お会計をして、出るとき
「またお願いします」と女将さんが言う
ハイ、またお邪魔しますと、答えて店を出た。

いつ来るねん、オマエは?
今度来る時はゆっくりと来たい。

忙しない金沢の一日は終わる。
そしてワシは空港へ向うのでした。
スポンサーサイト

高砂(石川県・金沢)

金沢あたりで呑んでます。
金沢での仕事を終え、最終フライト時間まで約3時間。
バスでの移動を考え、残された時間は2時間。

先方に今日は兼六園の桜が満開で見ごろですよ。
ご案内しましょうか。と言われるが花より酒。
辞退させていただき、解散となった。

今回も忙しない夜のはじまりです。
16時を回ったあたりだったので、前にもお邪魔した高砂へ向ってみる。

115.jpg

チョット一杯という暖簾がステキです。

116_20090412074636.jpg

店に入るとカウンターが半分埋まっています、カウンター内の
女将さん、顔に見覚えがあり、つい、最近来たような気分にさせてくれる。

カウンターに座り、燗酒とおでんを。
燗酒はたっぷり入れてくれて女将さんが
「こぼれるから、口からいってくださいね」という。

大根もいい按配にしゅんでてうまい。
あとは、タケノコに筋を。金沢では筋は牛筋だ。

ワシは実は練りりものがあまり好きではないのです。
嫌いじゃないけど、愛せない。
だから、キミとは付き合えないんだ。
いいお友達でいましょう。
なんて、使い古された言葉を使ってみるけれど
あの時、酔ってたから覚えてないと言い訳してみても遅いのです。
どうして遅いのですか?

酒が体の中を回りだす度に思い出すのです。
「もう逢うことはないですね」なんて、先に嫁に行ったのは
どっちなんだ、反論する言葉も空しくって、何故か女は
いつも、既にココロを決めてしまっていて、ワシの言葉なんて
受け入れてくれないのだ。

何もかもいつも遅すぎるのよ、あなた。
そう言われたら、何も言えないのです。
だから、煉りものを避けて今まで生きてきました。

どて焼きは4本セットなのだが、これがまた美味い。

やっぱりおでんにお酒が並ぶと飯田割を試したくなる。
あぁ、ずいぶんご無沙汰しちゃったなぁ。
そして、こっそりやっぱり試してみるんですね。
飯田割もどきを。
そして、いつもどおり、やっぱり飯田屋やないとアカンねん。
そう思うのです。

時間がいつもないないというあなたでしたが、時間は作るものです。
その時間を作ろうとしてくれなかったですものね。

春の夜風は今夜もまだ冷たかった。

食道園(石川県・金沢)

金沢を訪ねて。
こんばんは 大徳寺です。

いつだって恋気分なのですが、春だけはどうしてもダメっすねぇ。
何度も何度もしつこいくらい書きますが、花粉のボケなすがいるからですよ。

あいつはなんなんでしょうね。
ここまでワシのやる気を削ぐ目的は?

仕事への情熱。
これはね、一年を通じてずっとなんで関係性は低いでしょうが、
やっぱり恋する気持ちを起こさせないですね。

ジェラシー? あいつは女やったんか?いや男って場合もあるか。
ジェラシーからワシを苦しめてるの?

しかし、鼻の穴が2個でよかったわ。
もし、12,3個あったらワシ、もう気が狂ってるでしょうね。
その穴全てから鼻水が出て、鼻が詰まって、もうワヤクチャでしょうね。
それを考えると、2個だけ面倒みればいいからまだマシですね。

ホンマ、この季節、この話題ばっかりになってしまいますわ。

さて、金沢あたりへ飛んでおります。

少しの時間を利用して、路地裏を歩きます。
なぜ、ワシはここまで来てこんなことをやっているのだ。
実際そう思いますよ。
でも、辞められない性分。

なんだか気になるお店を発見。

113.jpg

餃子という看板を発見。

ガラっと扉を開けて中へググっと入っていきます。
気分は西部劇に出てくる酒場。
無法者ばかりがたむろする酒場へ足を踏み入れる。

一瞬、酒場内が静まる。
「フーアーユー?」 小声でそう囁き合うのが聞こえてきそうだ。

無法者たちがオレに視線を向ける。
オレはそんな視線を無視して、まっすぐカウンターへ進み
腰を降ろす。
バーテンダーがジロリとオレを値ぶみする。
「ワイルドターキー」

その一言で静寂が崩れる。無法者たちの喧騒が広がる。
ショットグラスになみなみ注がれる。
コインをバーテンダーに渡し、口にふくむ。

喉を熱く焦がすようにバーボンが流れていく。
「よそ者は出て行けよ」 髭だらけの無法者がオレに言う。

いつまで妄想をやってるんだ。
ワシはカウンターに座って、閉まったと思った。
カウボーイはそんなことを表情に出さないハズだ。

メニューが書かれた壁を睨む。
餃子が喰いたかったのだが、餃子定食とかそういうのがない・・・・
うぅ・・・困った。

餃子は喰いたい。しかし、餃子1人前だけ頼むのも・・・・
ライスを付ければいいか・・・・ いや、ラーメン餃子のセットか
半チャーハンセットなんかがよかったのだ。

今のワシにはお腹に空き容量がなさすぎるのだ。
このあと、大切な会合が入っている。
カウボーイは迷わず、注文するだろう。
しかし、ワシは迷ってばかりだ。

客はワシ一人。
オッチャンとオバチャンが店の中にいる。
奥には家族の誰かがいて、オバチャンと言いあいをしてる。

フゥ・・・壁のメニューとの睨みあいもそろそろお終いだ。
「あのぉ、ラーメン、ラーメンをお願いします」

何故か負けた感がワシのココロを支配したのだ。
負けた感。

目の前のオッチャンがラーメンを作りはじめる。
いや、確か暖簾にはラーメンという文字が入ってたハズ。
ラーメンも得意なのかもしれぬ。

北陸で実力派ラーメンを発見なんてことになるやもしれぬ。
ワシは静かにラーメンが出来あがるのを待ったのだ。

ラーメン500円。
ワシは東京でも普段からあまりラーメンを喰わない男・大徳寺だ。

114.jpg

フツーのラーメンだ。
醤油味のフツーのラーメンを北陸・金沢にやってきていただく。
なんという贅沢な行為。なんという凡庸な味だ。

油が浮くスープ→太る→大切な打ち合わせで汗だらけ→書類もベタベタ
→滴り落ちる汗→ヤベぇ、コイツと思われる

スープは残そう。

半ライスってメニューにないけど、注文しようかな。
半ライスなく普通サイズのライス→太る→大切な打ち合わせでベルト切れる
→話してる途中にズボンずり落ちる→パンツが結構勝負パンツ
→ヤベェ、こいつ目的は夜なんだぜと思われる。

半ライスを頼むのはよそう。

ワシは北陸くんだりまでやって来て何をやってるだ。
そうだ、大切な打ち合わせだった。
あやうく、ジャンボリに来てるかの錯覚を起こしそうだった。
ヤバイヤバイ。

どうも、ごちそうさまでした。
金を払い店を出た。

さぁ、大切な打ち合わせだ。

近江町食堂(石川県・金沢)

こんばんは 新装しました、ボイン大作戦。
司会の大徳寺でございます。

新装にあたり、皆々様にはご迷惑をおかけしました。
逃げるように。
まるで夜逃げでしたね。

前の時もそうですが、フトそんなことをしたくなる
男なのです。ゴメンなさい。

ワケもなく、男が冷たくあたる夜ってなかったですか?
「どうして?今日は抱いてくれないの?」みたいな。
ない? そう? じゃあイイや。

前に聞いたことありますけど、女には抱いて欲しい時と
抱いて欲しくない時があるのだとか。
ホンマ?
実際のとこはようわかってないのですけれども、サインがある。
みたいなことを、青年情報雑誌では書いてましたね。

モテモテ男はその女からのサインを見落とさないのだ!とかって。
ハテ? サイン? 
舌舐めずりをする?
見たことないがな、そんなん。

昔ですけど、別れ際にワシのネクタイをグーっと引っ張っられたかと
と思ったら、急にキスしてきた女がいたんですよ。
不意打ちですわな。
ほんで、ワシを取り残して、「じゃ、オヤスミ」ってタクシーに乗って
去って行かれた事があるんですが、おい!それはワシがやる役やん!と
思いましたよ。

いつまでも、マヌケな話をし続けるのもいいんですが、そろそろ本題に
入りましょうか。

金沢あたりにちょっと行って参りました。
行って来たっても、仕事で日帰りなんですからお楽しみなんか
ありませんよ。

前回の金沢も、最終の飛行機に乗るために大急ぎで店を回ったので
ちっとも堪能できていない金沢。

今回は待ち合わせの時間前にちょっと美味いもんでも喰うかって
先乗りしました。
そういう熱意を仕事に生かせよ!と言われそうですね。

金沢の市場・近江市場へ向います。
空港からバスで直通バスではなく、各停みたいなバスで。
武蔵ノ辻で下車。

賑わいある市場ですが、その中でお邪魔したのが
こちらでございます。

111.jpg

まだお昼前なので、八割方の混み具合。
三宝丼というのがデラックスなんですが、海鮮丼1570円をお願いしました。

壁にはヨル来ると美味そうなメニューがいっぱい。
今の季節、ホタルイカが美味そう。
しかし、酒はアカン。

112.jpg

海鮮丼。底は深くない。

慌しい金沢の一日がはじまるのでした。
プロフィール

daitokuji

Author:daitokuji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今どう?
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。