スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯が美味いからカツも美味くなる。

その日のワシはひるめしの問題を抱えていた。
ちょうど、飯田橋に打ち合わせの為、外出しており
順調に進んだ打ち合わせは、11時過ぎには終わるのが見込まれた。

メインの議題は既に消化しており、あとは今でなくともいいような議題に
差し掛かったいた。
打ち合わせをしながらも、ワシのイケナイ脳内では既にひるめしに
ついて、議論が交わされていた。

長年、「集中力散漫だ!」と教師に言われ、「話を聞いているの?」と
彼女に言われ、生きてきたワシが自然に身に付けたのは、デュアルシンキング。

同時に深くものなんか考えれなく、中途半端に色々と考えてしまうのだ。
だからどっちつかずのアイ・ウォン・チュウだったりするんですけどね。

授業中も他の事を考えてるから成績もよくない。
落ちこぼれのまま、大人になりました。

さて、ひるめしの問題。
トンカツかカレーうどんか。
はたまた、天せいろか。

打ち合わせや外出予定が決まるとまず、何か美味い店が周りにないか。
それをまず調べるというダメサラリーマン。
いやしん坊の食いしん坊。

そうやって、モチベーションを高める。
典型的なポッチャリ型思考だ。

飯田橋付近、大徳寺ランチ食べたい選手権の決勝ラウンドに
残ったのは3つ。

1つ目が、とんかつの店
2つ目が、カレーうどんが美味いという店
3つ目が、蕎麦が美味いという店。

ここで、朝、打ち合わせ前に喰った蕎麦が効いてきている。
立ち食い系蕎麦と今回グランプリ候補の蕎麦では
実力は雲泥の差ではあるが、既に蕎麦口から離れている。

蕎麦口 それはワシが今思いついたコトバ。
蕎麦が喰いたい口になっているというアレだ。
焼肉の口になってるとか、言うやん?
え?言わない?

カレーうどんの方は、どうやらクリーミーなカレーうどんらしく
かなり感嘆の声がネット上に流れている。

しかし、ここで不安がよぎる。
カレーうどんに付き物の「ハネ」だ。

ワシはかなりの高い確率でこの「ハネ」をやってしまう。
カレーうどん、ミートソーススパゲティでは、恐らく9割以上の
確立でヒットさせる、「ハネ」ヒットマンだからだ。

別にデートの予定もないけれど、もしもですよ。
帰りの電車の中で、中学の同級生とバッタリ逢ったとするじゃないですか。

それも、生徒会副委員長だった憧れの福井さん(仮名)。
現在は黒田さん(仮名)とバッタリ逢ったりする。

こちらは、気がつかない。
向こうから「あのぉ、ひょっとして、大徳寺くん?」
え!誰だって?
微妙な顔してると、彼女は言うのだ。
「修学旅行の時、キミの布団にこっそり潜り込んだ子、忘れた?」

記憶のコップがこぼれ出し、あの副委員長の福井さんと
今の黒田さんが結びつく。

「え!何してんの?ココで?」
「大徳寺くんこそ!」
「ビックリだなぁ、ちょっとお茶でも飲もうよ」
旧制・福井奈緒子(仮名)はOkしようと思ったその瞬間
大徳寺のワイシャツにカレーうどんの汁が飛び跳ねているのを見つけてしまう。
「あぁ・・・・ゴメン・・・・ これから主人の実家に行かなきゃだめなん
だ・・・」

とっさにウソをついてしまう奈緒子。
「そうか、じゃあまた逢おうよ」と笑顔で返す大徳寺。
原因はカレーうどんの「ハネ」にあったことなど、知るよしもなかった。

なんてね、事になっちゃうかもしれないじゃないですか。
そうすると、今日はトンカツかな。って。

脳内もリアルの会議も終了し、飯田橋あたりに飛び出すワシ。
向かうは一直線。
DSC09219.jpg

時間は11:30を少し過ぎた頃。
カウンターに僅か空きがあり、そこへ座る。

ランチタイムはメニューはひとつ。
だから、座って数十秒でトンカツ定食が出てくる。

メシと蜆の味噌汁だ。

カウンターに座るサラリーマンたちは無言でトンカツを喰う。
すぐに店内は待つ客で混みあう。

750円のとんかつ定食。
食後のコーヒやデザート、おしゃべりがない世界。
それが、凄く心地ええねん。

ワシの脳内にJBの「マンズ・マンズ・ワールド」がかかる。
お会計を済ませ、次の客に席を渡し、店を出る。

駅の改札口に向かい、スイカを持っているが使えない。
だから切符を買う。
切符が出てきて、取り出し時、袖口にとんかつのソースが飛んでいるのを
発見したのだ。

マンズ・マンズ・ワールド。
スポンサーサイト

磯丸水産(吉祥寺)

今夜のあなたはどんな格好でこれを
読んでいるのですか?

ベットの中に入って音楽を掛けながら?
それとも、お酒を呑みながら?
湯上りで髪の毛をバスタオルで巻きながら?

こんばんは さっき柱の角に足の小指を激しくぶつけて
しまった大徳寺です。
日ごろ、このブログでバチが当たったらエエねんと
人のコトを書いてたりしますが、まさしく今夜
ワシにバチが当たりました。

そのバチはなんだろうと思うのです。
きっと、ワシの一言で傷ついた誰かかも
しれないと思うと、この痛みを受け止めようと
思うのです。
しかし、メチャメチャ痛いんですが、あなたの
心の痛みはこんなもんじゃないんでしょうね。

明日、運動をする予定なのですが、ちょっと
無理かも・・・そのくらいのダメージです。
もちろん、セックスも無理かも。

連絡しないのは、水臭い男だからなのです。
メールの返事を書かないのは、返す言葉が
見つからないのです。

足の小指は折れているかもしれないです。
腫れてしまってます。
でも、あなたの涙はあなたの瞳をもっと
腫らしたのかもしれないですね。

こんばんは 深夜の夢見がちなオッサン事
大徳寺です。

吉祥寺あたりで呑んでます。
113_20090920081300.jpg

威勢がよくって調子よく、客あしらいが上手な
店長がいる店。
最近、この手の店が多くなっているけれども
ワシはこの手の店は好きです。

各テーブルに設置された網焼きを使い
海鮮もんを自分で焼いて喰う。
鰯たたみを焼きながら、ゆっくりと喰うのもイイ。

でもだ。ホッピーセットが399円で
中のお代わりが299円、外が299円。
この数値を出されると計算式は迷うのだ。

磯丸ハイボールが1丁目から5丁目まで
あるのだが、ウィスキーのハイボールなのだ。
それで間違いじゃないのだけれども。

目の前で魚介類が焼けてくる。
香ばしい香りに包まれながら、呑む酒は好き。
イイ香りのする女のそばにいる事と同じ位。

MISHIMA(吉祥寺)

画像だけ残っている店を時間が
経過した後に書く行為について
それが不毛な作業とわかっている。

だから、書かなきゃエエねんけど
ワシの胃袋に消えたすべての食材および店は
公平にハロー!アニマルラヴ!の舞台にあがる
権利があるような気がして、飛ばせない。

全く意味のない行為かも知れない。
だって既に書き始めて、この店のことを
思い出そうとするけれど、上手い具合に
言葉を繋ぎ合わせる事ができない。
114_20090920081259.jpg

元々、店の事なんか大して書いてないのだから
構わないと開きなおってるけれども。

MISIMAという店名を見て、確か入るとき伊豆の三島を
想像したのだ。
それは、はじめて逢った女性の名前を聞いて
どういう由来があってその名前が名づけられたのかを
想像する行為に似ているかもしれない。

店に入ってみて、それは全く関係ないと思った。
じゃあ、三島由紀夫?
いちいち、店の人になぜ、MISHIMA?なんて事を
聞き出すのも、億劫になってそのままだった。

女性の名前を聞いて、どんな字を書くのかまではするが、
結局、その名前の由来を聞くことはほとんどない。

どう? 読んでる方もどうでもよくなってきたでしょ?
ね。 だからこの店の事はこの辺で勘弁してください。

かっぱ(吉祥寺)

こんばんは 最近やたら、うちの犬がワシのコトを舐めるのです。
いよいよ喰いすぎ呑み過ぎで、体の汗腺から旨味が出てきたのでしょうか?

女性の方は是非とも、そんな旨味をワシの唇を通じて体験してください。
旨味がするキスってあまりカッコいいもんではありませんね。

大徳寺です。相変わらず、徳大寺さんというメッセージを頂戴します。
ま、似たようなもんですけどね。

さて、ウォークジャンボリから一夜明け、足も痛むが今夜も
呑むぞ~ということで今夜は、あまりご縁のない場所、
吉祥寺に乗り込んできました。

吉祥寺あたりを主戦場に呑み歩いている方のご案内で
やってきたのですが、駅前あたりは店も人もそしてバスも
密集してるんですね。

その密集を抜け、今夜の一軒目はこちら
111_20090920081301.jpg

112_20090920081300.jpg

入るとカウンター席は満員なんですが、カウンター席の後ろに
立ち飲みコーナーが設置されております。
壁に小さなテーブルが設置され、そこを利用しての立ち飲みも
オッケイなのです。

こりゃ、スゴイっす。
ワシらも奥まった角にたち、まずはビールを貰います。
焼き場を見ると、順番待ちしている焼きもんの皿がズラリと
並んでる。
こりゃ、待つな~ 

もつ焼きをお願いしながら、スピードメニューのおしんこに
生レバ、タレで貰うと串に刺さったレバ刺しが出てくる。
これが美味い。

なるほど、混むワケです。
カウンターに座る方たちが呑んでるものが気になる。
色がついてて、焼酎梅割りみたいな感じのグラスで
呑んでる。

メニューを探ると老酒のようだ。
老酒をお燗してもらったとこで一巡目のもつ焼きが登場。
あ、こりゃ、エエがな。
老酒ってもつ焼きにも合います。

次々とお客さんが入ってくる。
家族連れが入ってきた。
小学生の男の子と女の子をつれたお母さんとお父さん。
そんなお客さんもいらっしゃるのですね。
ちょっとビックリ。

結局、座れないまま立ち飲みでこのお店は終了。
次へ向かいます。

ほさか(吉祥寺)

心、ここにあらずでお馴染みの大徳寺です。
人の話を聞いてない男・大徳寺でございます。

どうしても妄想が邪魔をして、話を聞いてる途中から違う事が
頭の中で展開されてしまうのです。
だから勉強も出来なかったという言い訳は通用しませんか?
ダメ?

こないだバスに乗ったんですけどね。そのときに
一番後ろに乗ったんですよ。
一番後ろの席って横長で通常なら5人腰かけることが出来るんですよ。
ワシは一番窓側に座ってたんですが、そこへ女性がやってきたんですよ。
大きな紙袋を持った女性で年齢は30前半ですかね。

既にワシの反対側の窓よりには男の人が一人座ってたんでその女性は
ドカっと長いすの真ん中あたりに座り、紙袋をワシとの間に。
反対側にはバックをドカっとおいて、3人分のスペースを占有しよったんですよ。

しかし乗客がドンドン増えて来て、あるメガネ男性がその女性のどっちかに
座ろうとしたんですわ。
女性は物凄く不愉快そうにバックをどかして、ワシとは反対側を空けたんですよ。
メガネ男性はそこへ座ったんですが、女性は紙袋をどかしてもう少し
ゆったり座るとかそういうのんを一切せず足を組んで携帯をカチャカチャさせはじめた
んですわ。

いやぁ、品のない女やな。と思いながらこの女にもバチを与える神さまが
おらんやろうかと思ったんですよ。
この前の記事に書いた椅子取り男のように。

でね、そのままバスは動き出し、しばらく行ったんですよ。
あるバス亭に到着したら、さっきのメガネ男性が居眠ってたんですが
慌てて眼を覚まして降りようとしたんですよ。

ドッカと品のない女が座ってたんで降りるスペースが狭い。
それに目覚めの意識朦朧も重なってか、立ち上がったメガネ男性は
天井まで立ってるポールに顔面をガーンってぶつけはったんですよ。

ぶつけたハズミでメガネがポーンと飛んでいく。
足組んだ女の足元ですわ。
こいつ!足を組むのも辞めんのかいや!
おい!神さん、バチ与えろ!この女に!と思った時、メガネ男性、
床に落ちたメガネが見えなかったのか、踏み出した自分の足で
メガネをパキッって、割ってしまったんですよ。

あぁあぁあぁあ、神さん!バチ与える相手が違うがな!
そのメガネ男性、急いでメガネを拾うんですが、バスのドアがプッシュウって
閉まって出発。
降り損ねてしもてるんですよ。
降ります!とかいうかなと思ってたんですが、自分で踏んで壊したメガネを
手に呆然としてますねん。

品のない女の方見たら、フン!って鼻で笑ってまた携帯をカチャカチャと!
神さん!間違うてるがな!こっちや!こっち!

というわけで、吉祥寺あたりで呑んでます。
井の頭公園そばのいせやを出てアイスを探すポッチャリ君。
しかし、アイスより蕎麦を喰おうちゅう話になりまして
それもカレー蕎麦を喰おうかと。

適当に携帯で探したら近くにあるって。
それがこちらのお店。
111_20090830224002.jpg

なんや細かいことは忘れましたけど、何種かの組み合わせというか
セットの蕎麦をお願いしました。
結構、いけるんですわ。ココの蕎麦。
112_20090830224002.jpg

カレー蕎麦もしっかり喰います。
カレー蕎麦は4人で2杯頼んで、ワシとポッチャリ君の組で分けてたんですが
スープも残さず、ごちそうさん。
いやぁ、喰うたな、喰うた。腹いっぱいや。
毎食、満腹やな。

席をたって帰ろうとしたとき、ほかの2人がカレー蕎麦は汁が丸々残ってたのを
見たポッチャリ君。
「なんや!こんなに余ってたの!呑めばよかった!」と捨て台詞を吐きながら
店を出たのでした。
まだ喰いたいんか!キミは・・・・
プロフィール

daitokuji

Author:daitokuji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今どう?
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。