スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯けむり、全裸、サラリーマン。

南千住あたりで浴びてます。
梅雨の晴れ間ってのは、湿気が多い。
逆に雨でも降ってくれないかと思うような蒸し暑さ。

こんな時は、浴びるに限る。
南千住あたりを流しながら、銭湯を探す。

銭湯を探すときは空を見上げる。
煙突を目指すのだ。

路地の奥に年季の入った建物が見える。
草津湯
DSC09732.jpg

近づくも、暖簾が出ておらず、まだやってないのかしらん。

DSC09733.jpg

女の湯のドアが開け放たれて、そこから三線の音が聞こえる。
お稽古でもしてるのか。
DSC09734.jpg

とりあえず、当たり前だが男湯から入って中の様子を伺う。
番台にも誰もいない。
湯船の方をみると、おじいちゃんらが数人、もう裸で
湯を浴びている。

「やってますか?」
「大丈夫ですよ」

お風呂セットを聞いてみるも、セットはないのでセッケン20円と
貸しタオル10円を購入し、入浴料と併せて480円を支払う。

手がつけられていない、昔っからそのままの脱衣場。
DSC09735.jpg

中は湯船が2つ。
1つは、バイブラバス。浴槽内の下部から気泡が湧き出す風呂だ。

もう1つは、ボタン式のジェット風呂。
壁のボタンで稼働する。

壁絵は富士山だ。
男女の壁に頂上を置き、男湯、女湯両側へ伸びていく裾野。

まずは、バイブラバスにつかると、快感の声が自然に漏れる。
あぁ、気持ちエエ。

天井が高く、まるで古い古い体育館のように弓なりの天井で
なんだか今にも落ちてきそうな佇まい。

やっぱり、天井が高いと気持ちがエエんですよね。
そして、天井そばに天窓があるから、そこから日差しが
差し込んでくるから、また気持ちがいい。

湯につかりながら、ぼんやりと天井あたりをみつめていると
色んな玉が体から抜け出していくよう。

かすかに、オバチャンの三線が聞こえてくる。

先客のおじいちゃんたちは4人。
うち2人は、背中に柄が入っている。
こういう風景は銭湯ならではだ。

湯上りのビールを思うと、幸せ指数は更に上昇。
人生はこういうちっちゃな幸せの積み上げが
大切なのだなと、あらためて思い知る瞬間なのです。
スポンサーサイト

新橋湯(恵比寿)

今日のひとこと。

新聞を読んでたら、暴漢に襲われ入院してた
イタリアのベルルスコーニ首相が退院。
首相が記者に対してコメントをした。
116_20091219005443.jpg
「愛は羨望や憎悪に勝利する」と。
さすが「選挙期間中はセックスを断ちます」と宣言する人だけあるなぁ。

こんばんは 花も恥らう大徳寺です。
え? バカじゃない?
正解です。

生まれ変わったらパリジェンヌになりたい大徳寺です。

最近、口笛吹いてますか?
こないだ、口笛を吹きながら歩いている女性をみました。

口笛ってよっぽど機嫌がよくないと出ないような
気がして、きっとこの女性は幸せなんだなと
思ったのですが、ふとワシは随分長い事、口笛を
吹いていないなと思った。

口笛はヘビも呼び寄せるが、幸せも呼び寄せるのかも
しれないなと思ったのでした。

冬の雨。夜の恵比寿。
今夜は、変態お食事クラブの集まりがある。
集まりは遅い時間だったので、一人60分倶楽部で
店に入り、体を温めるためにこちらへお邪魔した。
116_20091213001301.jpg
中に入ると、ちょっと心配になるくらい
お客さんが少ない。
先客1名。

いろんな場所の銭湯に入っているけれども
ここは、他に比べてかなり少ない。

毎日どこかの銭湯が無くなっていると言われる程
東京の街から銭湯が消えている中、それでも
他の銭湯はそこそこお客さんの姿があった。

お客さんの少なさからか、ここでは
飲み物が入った冷ケースが撤去されていた。
売ってないのだ。
自販機もなかった。
117_20091213001301.jpg
湯船からあがると、番台のオバチャンが居眠っていた。

銭湯に入って酒を呑む。
そんな企画を銘打って人を集めて、この銭湯を賑わそうかと
思ったのだけれども、今夜は雨だから客足が鈍いのだと
そう信じる事にした。

変態お食事クラブの時間が迫ってきた。
銭湯を出て、周りに誰もいないのを確かめて
口笛を吹いてみたら、かすれてキレイな音がでなかった。

口笛を忘れる生活だったのかもしれない。
今年中に一度はキレイな音の口笛が自然に出て
一年で締めくくりたいと思うのです。

仁王門湯(名古屋・大須観音)

カバンが重いの手が痺れそう。
最後まで気のきかない誰かさん。
というワケで別れ際でも気が利かない男
大徳寺です。

こんばんは 浪花の恋男・大徳寺です。
実際は浪花でもなんでもありませんけどね。

名古屋あたりで。
名古屋ジャンボリであります。
ジャンボリの理想系というのは3ないし4名
構成で街を攻めるのがいいのですが、ひとり
ジャンボリとかツインジャンボリとかってのは
結構、厳しい。

喰うのが辛いのであります。
それをせっかく来たんだから。とか言って
無理やり詰め込むとワシのような、
ボヨヨンな体系になってしまうのですよね。

そんなジャンボリにおいて、中休みが銭湯であります。
湯につかってリフレッシュ。
今夜の銭湯は大須観音にあるこちらでありんす。
112_20091129081247.jpg

仁王門湯。
大須観音には二対の仁王像が安置されております。
残念ながら、銭湯の壁に仁王像が描かれている
ワケではありません。

113_20091129081247.jpg
暖簾をくぐりまして、裸のワシになっていた所
若い衆がドヤドヤと入場でヤンス。

10数人いらっしゃる。
銭湯初心者もいるようでやりとりがなかなか楽しい。
「ここ、前払い?後払い?」って番台のオジサンに
聞いてたり、中に入ると
「シャンプーとか石鹸置いてないぞ!」って
なんだか、フレッシュな気分になりました。

ところが、湯船は小さめなのが5つほど別れており
その10数人が入ると、もう入る余地がない設計。
長湯せずに、サクっと温まり外に出ると11月の夜風が
気持ちいいです。

次、いってみよう。

千代の湯(三軒茶屋)

三茶あたりで餃子喰ってます。
ジャンボリに銭湯を組み込む事が多いのですが
今回は三茶の銭湯・千代の湯さんへやってきました。
111_20090803230826.jpg

112_20090803230827.jpg


番台は湯船に向かって設置されている古い作りです。
壁には富士山。

しかし、ここの湯は熱い。
思いだすだけで今も首までの熱い感覚が蘇ります。
しかし、入れない事はない。
ぐっと我慢を越えるとこの熱さが体の毛穴を刺激してくる。

天井近くのガラス窓から光が差し込んでくる。
天井へ登っていく湯気と光が交錯し、キラキラと輝いている。

あぁ、ゴクラク、ゴクラク。

ポカポカした体で外に出たら、まだ夏の日差しは
強い。
噴き出す汗を拭いながらワシらは再び、餃子戦線へ
戻っていくのでありました。
プロフィール

daitokuji

Author:daitokuji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今どう?
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。