スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌舞伎座さよなら公演十二月大歌舞伎 夜の部

歌舞伎座からこんにちは。
大徳寺です。

興味ない方はきっと飛ばしてるんやろなと思う観劇のページ。
実はこのページがラッキーカードやったりするんですよね。

すいません、口から出任せなんで。

さて、歌舞伎なのですが、歌舞伎の演目の中でも、
やはりどうしても寝てしまう演目やら、言葉がわかりにくくって
意味がサッパリ?なんて演目やら様々であります。

もしこれから歌舞伎デビューをお考えの場合は
演目をようく選んでいかれることをオススメします。

初心者でも楽しめる演目って結構ありますよ。
今日のんなんかはまさにそんな一本。
1_20091213002613.jpg

上演された時、こんなん歌舞伎ちゃう。という声も
多かったと聞きますが、新しい歌舞伎としてコレは
アリだと思います、個人的には。

今日は野田秀樹さん作・演出の鼠小僧が再演で
これを観るのは二度目だったんですが、
今夜も楽しませていただきました。



夜の部一、双蝶々曲輪日記
  引窓(ひきまど)
 南与兵衛(三津五郎)の妻お早(扇雀)と姑のお幸(右之助)が与兵衛の帰りを待っていると、濡髪長五郎(橋之助)が訪ねてきます。暇乞いをして立去ろうとする長五郎を、お早とお幸が引き止めます。実は長五郎はお幸の実の子で、お早とも顔馴染み。二人が長五郎を二階へ案内すると、代官に取り立てられ、南方十次兵衛と名乗ることを許された与兵衛が、平岡丹平(秀調)、三原伝造(巳之助)を伴って帰ってきます。出世した与兵衛の姿を見て喜ぶお早とお幸。与兵衛は、丹平に弟を殺した下手人の詮議を頼まれ、人相書を受け取り、代官として初手柄を立てようと勇み立ちます。
 しかしその下手人は長五郎で、お早とお幸の様子から長五郎が潜んでいることを悟った与兵衛は、長五郎がお幸の実の子であると知り、長五郎を落ちのびさせるのでした。丸本世話物の名作をお楽しみください。


二、御名残押絵交張(おなごりおしえのはりまぜ)
  雪傾城(ゆきけいせい)
 一面の雪景色に包まれた浅草寺。一陣の風とともに傾城魁(芝翫)が新造香梅(児太郎)を伴って現れます。そして初芝居の願掛にやってきた役者栄之丞(勘太郎)と、芝居茶屋娘お久(七之助)に気付くと廓の情景を踊ってみせます。そこへ、雪の精の奴(国生)、景清(宗生)、禿(宜生)が現れると、初芝居の成功を祈って賑やかに踊るのでした。芝翫が六人の孫達と踊る情緒溢れる長唄舞踊です。


三、野田版 鼠小僧(のだばんねずみこぞう)
 正月、芝居小屋では稲葉幸蔵(染五郎)演じる鼠小僧が大評判、目明しの清吉(勘太郎)、独楽太(市蔵)、凧蔵(猿弥)、また善人と評判の與吉(橋之助)らで賑わっています。その中を、金にしか興味のない棺桶屋の三太(勘三郎)がずる賢く金稼ぎに励んでいます。そこへ三太の兄、辺見勢左衛門の妻おらん(扇雀)と、娘のおしな(七之助)、番頭の藤太郎(彌十郎)が、勢左衛門の葬列とおしなの嫁入り行列とが混じった一行を連れて現れ、三太に棺桶をただで貰おうとします。
 兄に莫大な遺産があると知って喜ぶ三太でしたが、遺言状には違う名前が。諦めきれない三太は勢左衛門(亀蔵)の棺桶に忍び込み、遺産を盗みだそうとしますが、辻番人の與惣兵衛(井之上隆志)に見つかって...。年の暮、鼠小僧となった三太が貞女と評判のお高(福助)の屋敷に忍び込むと、あの與吉が現れます。次に名奉行と誉れ高い大岡忠相(三津五郎)がやってきます。更に大岡の妻りよ(孝太郎)が駆け込んできて、混乱の内に逃げ出した三太は、與惣兵衛の孫、さん太(宜生)と出くわして...。
 平成十五年に上演され大好評を博した野田秀樹作、演出の舞台の待望の再演です。
スポンサーサイト

歌舞伎座さよなら公演十二月大歌舞伎 昼の部

こんばんは 大徳寺です。

歌舞伎座にやってまいりました。
ちょっと久しぶりの歌舞伎。
117_20091213002233.jpg
カウントダウン、あと140日

12月の歌舞伎座公演の演目はこんな感じでありんす。
1_20091213002613.jpg
昼の部には宮藤官九郎さんが本を書き、演出している話題の舞台
幕見席はかなりの立ち見客が入ってました。

勘三郎さんの様々な挑戦はいつも、観る物を楽しませてくれます。

事前にチラシで今回の演目が「大江戸りびんぐでっど」とあったので
ゾンビもんと想像がついたのですが、そこはクドカン。
ちょっと違うモンを観せてくれるんやろうと、期待してたんですよ。

正直な感想を言うと、もっと、話を練って欲しかったです。
シモネタも多いし、あえてそっちに走らなくてもエエのにと
思ってしまいました。

それがクドカンらしさ。という事なのかもしれませんけど
あえて、入れる必要のないネタだったような気が凄いしたんですよね。
それともあれはアドリブ?

色んなことに挑戦し、変化しつづける歌舞伎であって欲しいのですが
今回の作品は、普通の劇団でやる芝居をわざわざ歌舞伎役者に
やらせた。で終わっちゃってるようでとっても残念な感じっす。

こまいトコで結構笑わせてくれるんですが、肝心の幹の部分では
もうちょっと心を打つようなもんが笑いも含めなかったんが残念です。
ひょっとしたら千秋楽近くにも、もっとエエ出来上がりになってんのかも
しれませんね。

この感想に異論はあると思いますが。

でも、エエ試みやと思いますしね、これからもこういう挑戦をやって
欲しいですね。


昼の部一、操り三番叟(あやつりさんばそう)
 翁(獅童)と千歳(鶴松)が現れ、厳かに舞い始めます。翁と千歳が舞い納めてその場を去ると、後見(松也)が箱から糸操りの三番叟(勘太郎)の人形を運び出し糸を操ると三番叟が動き出します。
 三番叟は五穀豊穣を祈って「揉の段」「鈴の段」を目出度く舞い納めるのでした。三番叟物のなかでも、人気の高いユーモア溢れる一幕をお楽しみ下さい。


二、新版歌祭文
  野崎村(のざきむら)
 野崎村に住む娘お光(福助)は、父の久作(彌十郎)の養子で、かねてから慕う久松(橋之助)との祝言が、決まったので嬉しさを隠せない様子。久松は武家の子息でしたが、家名が断絶となり、縁のある久作にお光と兄妹同然に育てられ、大坂の質屋、油屋へ丁稚奉公に出されていました。久松は油屋の娘、お染(孝太郎)と恋仲となりますが、店の金を盗んだと疑われ、久作の家に戻されていたのです。
 そこへ、お染が久松に会いにやってきます。お染は久松と添えないなら自害すると言い久松も心中を決意しますが、久作が別れるよう親身に諭すので、二人は別れを決心します。久作が久松と祝言を挙げさせようとお光を呼ぶと、お光は尼の姿。二人の覚悟を知り、お光は自身が身を引く事にしたのです。後を追ってきたお染の母、後家のお常(秀調)に、店に戻ることを許された久松とお染が、大坂へと帰って行く姿を、お光は涙ながらに見送るのでした。情感溢れる世話物の名作です。


三、新古演劇十種の内 身替座禅(みがわりざぜん )
 大名の山蔭右京(勘三郎)は深い仲となった遊女、花子が都へやって来たので会いに行きたいと思案しています。しかし、奥方の玉の井(三津五郎)が片時も傍を離れないので、会いに行く事が出来ません。一計を案じた右京は、侍女(巳之助、新悟)を引き連れた玉の井に懇願し、持仏堂に一晩籠ることを許されます。
 ところが右京は太郎冠者(染五郎)に座禅衾を被せると、花子の元へと向かうのでした。狂言をもとにした名作舞踊劇を清新な顔ぶれで上演いたします。


四、大江戸りびんぐでっど(おおえどりびんぐでっど)
 舞台をはじめ映画やテレビで大活躍の宮藤官九郎が初めて歌舞伎の作、演出を手掛けます。大江戸を舞台に、豪華で賑やかな顔ぶれが大活躍する話題の新作にご期待下さい。

だだもげら第一回公演「いとあそび」(南阿佐ヶ谷)

挑戦してますか?

簡単のようで、なかなか挑戦って難しい。

挑戦を継続しつづけることが難しい。

ついつい、楽な道へ楽な道へ行ってしまう。


ある劇団の女優 の芝居が上演される。

彼女は新しいステージに挑戦したのだ。


前にも書いたがはじめて逢った時は

大学を休学して劇団に入って間もない頃。

まだ役もちゃんとついていなかった頃だった。


それから何年もたっていない。

しかし、彼女は演出家として挑戦した。


セクシー・スパイ★ボイン大作戦

劇場は小さいかもしれないけれど、芝居に取り組む

熱い思いで劇場内は溢れていた。


挑戦を忘れてはいけないのだ。

彼女の姿を見て、そう思ったのだ。


人生は間違いなくやり直しが聞かないし

間違いなく、歳をとっていく。

前にしか進んでいない。


当たり前なのだけれども、今はやっぱり今しかない。

後戻りできないのだ。

先も限りがあるのだ。

そういう当たり前のことに目を向けず

先は無限にあるかのごとく、挑戦を先送りにしてきた。

先送りにすることで逃げていたのだ。


タイミングなんか関係ない。

自分が挑戦しようと思った今、やるのだ。

年齢や条件は言い訳にしかならない。


戻らない今日を後悔しないためにも挑戦しよう。

加藤亜衣に教えてもらったのだ。

そんな気持ちでワシは劇場を出たのでした。


三月大歌舞伎(歌舞伎座)

三月の歌舞伎座は元禄忠臣蔵だ。

小学生の頃、よくわかんない状態で大人の指示により

忠臣蔵の学芸会をやった記憶がある。


ワシはなんの役だったのかサッパリ覚えていない。

でも、クリスマス会みたいなときの発表なので

忠臣蔵に何故かトナカイが出てきて、

討ち入りにトナカイに引っ張られて行くというのだった

記憶がある。


それがはじめて忠臣蔵に触れたときだった。


今回、さよなら歌舞伎座ということで、昼夜で忠臣蔵が

演じられた。


昼の部は3つに別れている。

3つとも役者が異なる。


ワシの贔屓、片岡仁左衛門。

仁左衛門演じる徳川綱豊と染五郎演じる富森助右衛門。

この二人がやりとりする、「御浜御殿綱豊卿」


互いのセリフが行き交う様は観ててワクワクした。

歌舞伎ってやっぱりエエなぁって思わしてくれるのだ。

仁左衛門のカッコええ事。

歌舞伎は辞められへん。


セクシー・スパイ★ボイン大作戦


セクシー・スパイ★ボイン大作戦




あらすじ

元禄忠臣蔵(げんろくちゅうしんぐら)

昼の部

江戸城の刃傷(えどじょうのにんじょう)

 元禄十四年三月十四日、浅野内匠頭(梅玉)は江戸城松の廊下で吉良上野介に刃傷に及び、城内は騒然となります。この様子を窺おうとした戸沢下野守(進之介)は、平川録太郎(亀鶴)に止められてしまいます。
 まもなく加藤越中守(萬次郎)、大久保権右衛門(桂三)、稲垣対馬守(男女蔵)らが評議を始め、内匠頭に切腹の沙汰を下しますが、多門伝八郎(彌十郎)はひとり反対します。しかし聞き届けられることなく、田村右京太夫(我當)の屋敷で内匠頭は切腹することとなります。こうして庄田下総守(由次郎)、多門、大久保たちが検死役として見守る中、内匠頭は片岡源五右衛門(松江)と最後の対面を果たし切腹するのでした。
 赤穂事件の発端から内匠頭の最期までを描いた舞台をお楽しみ下さい。


最後の大評定(さいごのだいひょうじょう)

 赤穂城明け渡しの期日が迫りますが、家老の大石内蔵助(幸四郎)はその態度を明確にしません。そんな内蔵助を妻おりく(魁春)や嫡男松之丞(巳之助)は心配しています。
 やがて登城した内蔵助は、戸田権左衛門(錦吾)と面会し、最後の大評定を始めます。内蔵助の前に、奥野将監(東蔵)を始め、諸士(家橘・右之助・高麗蔵・市蔵・松江)らが集うと、内蔵助はその心中を明かさず一同に血判を求め、全ての行動を一任して欲しいと告げます。すると一同はこれに従うと一決し、内蔵助はそのありがたさに涙を零すのでした。
 一方、かつて赤穂藩に仕えていた井関徳兵衛(歌六)と、子息の紋左衛門(種太郎)は、藩士と行動を共にしようとしますが許されません。意気消沈する親子は命を断ちますが、内蔵助は死にゆく旧友の徳兵衛に初めて仇討ちの決意を明かします。
 混迷する赤穂藩の様子と内蔵助の苦衷、そして徳兵衛の最期を描いた見どころ多い一篇です。



御浜御殿綱豊卿(おはまごてんつなとよきょう)

 次期将軍の徳川綱豊(仁左衛門)は、寵愛するお喜世(芝雀)や、江島(秀太郎)、浦尾(萬次郎)、お古宇(宗之助)たちと浜遊びに興じ、政に関心がないよう装っています。しかし学問の師である新井勘解由(富十郎)には、赤穂の浪人たちに仇討ちをさせてやりたいとその心中を明かします。
 一方、お喜世の兄で、赤穂の浪人である富森助右衛門(染五郎)が浜遊びの見物を願い出るので、綱豊はこれを許し、仇討ちの意志があるかどうかを探ります。やがて助右衛門は、今日の宴に招かれた吉良を襲おうとしますが、綱豊がこれを防ぎ、その軽率な振る舞いを叱り、諭すのでした。
 綱豊と助右衛門の台詞の応酬が眼目となっている名作をご覧頂きます。

プロフィール

daitokuji

Author:daitokuji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今どう?
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。