スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楊・2号店(池袋)

こんばんは
ココを飽きずにご覧になってる方はご存知でしょうが、
餃子ジャンボリ、焼肉屋の梯子と日常的に同じタイプの
店をハシゴってる全日本まごころ総合研究所の大徳寺です。

その昔、中目黒にある、とり小屋をはしごった経験ありますが、
同一系列店のハシゴってのそうそうありません。

楊3号店から2号店へハシゴる愉快な仲間たちの時間です。
115_20091213004239.jpg

今夜はAさんに歴女Bさんという物好きなメンバーが集まりました。
そして遅れて参戦のCさん

メシを喰らえ!愉快な仲間では出演者を募集しております。
ワレこそは、結構間抜けに食い意地張ってるぞ。という方は
水着写真を添付の上、ご応募ください。

ま、そういうワケですね、前の記事で書いた通り、3号店では
痺れ具合が足りないのーって事で2号店へ移動してきたので
あります。
116_20091213004239.jpg

メニューが一緒なのです。
お願いするのは、水餃子と麻婆豆腐。

麻婆豆腐ばかりスポットがあたってますがココの水餃子も
美味いんですよね。
112_20091211010438.jpg

まずはそのまま、スッピンで戴きます。
スッピンでも喰えちゃう位、イイ女なんです。
で、次が麻婆豆腐の液に絡ませての喰う。
これがまた、美味いんですよ。

3号店に来ると「楊さんからです」と言って
こんなメニューが登場。
ジュニア、ありがとう。
113_20091213004239.jpg
これも美味いねん。

こちらでは汁なしもね。
112_20091213004239.jpg

「麻婆豆腐、辛くしてください」とリクエストをしたら
コレ!コレ!コレ!
114_20091216234238.jpg

いやぁ、もう色が違うもんね。
これだもんね。
だもんね。

なのであります。
いやぁ、満足満足。
しかし、ホンマのとこ、今見比べてもわからんけど・・・

壁に書かれた青島ビールの黒を発見。
黒のチンタオ
114_20091213004239.jpg

口に含むチンタオが痺れと混じりあって気持ちいい。
みんな笑顔で大団円なのでありました。
スポンサーサイト

楊・3号店(池袋)

いつもスーツのズボンポケットがパンパンになってるヤツがいてる。
それも前ポケットが。

一体その中に何が入っているのだ。というのが
我々の間で話題になった。

なんで、前ポケットに入れるねん。
パンパンに膨れ上がってんねんけども
ヤツは気にならない様子だ。

そんな風に周りが気にしても当の本人はそれで
いいと思ってる風なのですが。
でも、そのズボンじゃぁ・・・

そんな現在社会に失われがちのお節介に光をあてる
全日本まごころ総合研究所の時間がやってきました。

こんばんは 所長の大徳寺です。
なんだかなぁ、アンケート結果も地味に投票され続けておりますが
やはり微妙ですね。
でも、そのうちお互い慣れますよ。

北風小僧がワシをからかっています。
寒いですね。
去年使ってたマフラーが見当たりません。
もしかすると去年のうちに呑み屋かタクシーに忘れてきたのかも
しれません。

池袋あたりで呑んでます。
最近、池袋にやってくる目的のほとんどが、痺れる麻婆豆腐なのです。
今夜は若干人数が多いという事で広めの3号店にお邪魔しました。
116_20091211010129.jpg

お店にはマダム楊と楊ジュニアがいらっしゃいます。
117_20091211010129.jpg

世の中にはこういう事ってないですか。
「あの街角で歌ってる人がいるんだけど、この人がかなり上手いんだよ歌が」
なんて寒空、連れまわしてようやくその目的の人の前まで行ったのだけど
思ったより、今日は声が出てなくって。
アレ、こんなんだっけ? イヤ、こないだと全然違う。なんて
連れてきた人にどう言い訳していいやら、歯がゆいやら。

ココの麻婆豆腐は痺れるねん。
メッチャ、痺れるねん。
一番、痺れるんちゃうかな。

そんな風に人に言ってきたのにお楽しみ袋を開けてみたら
あれ? 痺れへんやんか。
ワシの舌が慣れた? もうキミに慣れてしまった?
あんなキレイな彼女を作っておきながら、もう浮気?
みたいな風なのです。
(どんな風なのかは本人もアヤフヤなのでココはそっと素通りで
お願いしますね)

しかし、それを感じとったのはワシだけではないのだ。
ともに痺れた経験を持つ、このもそれを感じていたようだった。
113_20091211010438.jpg
違うのは何故だ。
せっかくのバージン、これは違うのだと確認したく
楊ジュニアに聞いてみると笑顔のジュニアは
「日本のヒト、辛いのダメなヒト、多いから辛さは弱め」と言ったのだ。

「2号店とは違うよね?」
「違うね。あっちは辛い。こっちは辛くない」
「辛さアップできますか?」
「できるよ」

ようし!麻婆豆腐アゲイン!
113_20091211010438.jpg

違うよー違うよー そうじゃないよー
これはさっきのに花椒を加えただけみたいだよー

112_20091211010438.jpg

俄かに行っちゃう?行っちゃうか。という空気が充満する。
でも、あっちへ行って入れなかったら意味ないねぇ。
ジュニアに頼んじゃえばいいじゃない?
なんて、まぁ恐ろしい話も出たんですよ。

「今から2号店行きたいんだけど入れるか聞いて貰える?」
笑顔で電話してくれる楊ジュニア。
「大丈夫だって。サービスもお願いしておいたから」という。

あなたはイイ人だなぁ。と思ったのだけれども
おかしいのはワシらだったりするのかなぁ。

テーブルには麻婆豆腐と水餃子が残っている。
ワシはそれを見つめながら、今から移動してコレと同じものを
喰うんだよなぁと思いながらも、お腹が結構イッパイで
箸が出ないのだ。

ゴメンよ、残して。
あっちでまた喰うから。
ワシらはあっちを目指して店を出て行くのでありました。

みつぼ(池袋)

こんばんは 腸が弱い大徳寺です。
寒さが一段と厳しくなってきておりますが
お腹冷やしてませんか?

前の夜に、急に寒くなってガタガタ震えだしたんですよ。
これは何事?
もののけ?

メッチャ寒いんですよ。風邪かそれとも今流行りの
インフルエンザか。
とにかく、布団に包まって寝ることに。

寝入った深夜、寝っ屁が出たんですよ。
あ、出た。
って眼が覚めたんですよ。

寝っ屁ですから、本人の預かり知らぬところでの
出来事で、無意識の屁だ。
しかし、屁とご一緒にお水の野郎も顔を出した。
ボッチャン一緒に遊びましょうと来たもんだ。

おいおい!
勘弁してチョーよ。
怒られますから、こっそりと布団を抜け出して
パンツを水洗いして洗濯機へ。

久しぶりのチョロですよ。
真夜中に新しいパンツに履き替えるんですが
お腹が痛い。
うーん、何かに当たったか?

とりあえず、下痢薬を呑んでみるが
一向に治まる気配がない。
まぁ、いいや。ダイエットになって。

そう思い、鳴く腹を抱えて会社へ向かう。
これが勤め人のつれえとこだ。
お腹痛いので休みたいとこだが、そうも行くまい。

満員電車の中でいつでも、あの野郎がワシの
下腹部に差込みやがったら下車できる体制を
整えながら、吊り革を持って立ってたとこに電車が揺れる。

前のオッサンが「おぉぉ」と声を上げながら
こっちに倒れこんで、ワシの左足を踏みつけやがった!
「ウググウ!」ちょっと前まで折れてた箇所を
踏まれたので反射的に悲鳴に似た声が出そうになる。

オッサンは「おぉぉ」と言う一言だけで謝りもしない。
オッサン、命拾いしたな。
これが2週間前なら、ワシは許してなかったで。
おっと、怒りはご法度。
下痢の野郎が暴れだす。

そこへいつも見かける美人が乗ってくる。
人を掻き分け、奥へ。
そしてワシのそばまでやって来る。
愛いヤツよ。

向こうはそんな事まるで意識してないけどね。
でもこのクソ満員なのに、君は携帯を打つのかい?
見るつもりもない携帯だけど、君が打ってる
携帯の画面が偶然見えた。
「臭いもの好きですよ~」

なにぃ?
臭いものがお好き?
どんな臭いもの?
もう朝っぱらから妄想が炸裂しちゃいそうですよ。

なんとか耐える一日。
お腹が痛い一日。
トイレに何度も走る一日が終わる。

そうだ、今日はこんな状態で痺れるものを
喰うのであった。

池袋あたりで呑んでます。
待ち合わせまで少しでも時間があると
せっかく池袋まで来たんやから。って
寄ってしまうのです。

こちらへ一人60分倶楽部開催です。
112_20091211010130.jpg

ニの字カウンターの中ほどに座る。
これは煮込み。
115_20091211010130.jpg

レバ刺しをはじめ、ホルモン盛りが美味そうだが
レバカツに。
113_20091211010130.jpg

もつ焼きもお願いしちゃって。
114_20091211010130.jpg

しばしの間、腹痛を忘れるコトが出来たのですが
店を出たとこで、腹がキュルルルと。
西武百貨店で用を足して、待ち合わせ場所に向かうので
ありました。

楊(池袋)

鳥取サギ女とか鳥取不審死女とか連日、今度は鳥取の女が
クローズアップされていますよね。

元・スナック店員というのが出たので、鳥取でスナックといえば
元・ビューティーペアのマキ上田だ。
という事を思い出して、調べてみたらマキ上田のスナックは閉店した
らしいという情報があった。

いつスナック巡りのデビューをしようか最近考えはじめた
大徳寺です。

スナックってかなり奥深い楽しさがあるような気がするんですけど。
まず、店を仕切ってるママ。そしてチーママ。その人たちの
女のど自慢的なハナシを聞きながら水割りを呑むスナックのカウンター
なんてかなり、イイ話が聞けそうなんですけどね。

ママやチーママ、バイトの女の子に常連さんを巡る男女の人間模様。
かなりイイ話が聞けそうで、実はかなり興味があるんですよね。

気分はウエスタンなんですよ。
西部劇の映画みたいに、ある寂れた街の酒場に風来坊の
ワシがヒョッコリと現れる。みたいな。

ドアを開けた時は、
「おまえ、どこの馬の骨だ!」ってな眼で睨まれるんですよね。
ご常連の先輩方に。
でも、ママが「どうぞ、どうぞ。こちらにいらっしゃい」って
カウンターの隅っこに席を用意してくれる。

すいません。とご常連に会釈しながらカウンターに座る。
「何飲む?」
水割りをください。
「ボトルのほうがお得よ」みたいな事言われ
じゃあ、ボトルで。

常連たちの視線を背中に浴びながら静かに一杯目の
水割りの呑む。
「お腹すいてる?」
すこし。
「じゃあ、ナポリタン作ってあげる」
ママ特製のナポリタンだ。

ご常連さんたちはカラオケを歌う。
「ねぇ、あなたもカラオケ歌いなさいよ。」
ママがワシにすすめる。
いや、あまり得意じゃないから。
「いいのよ。ね。」とママは勝手に入れるのだ。
「私の好きな歌、歌って」って

じゃあ、ご指名ですから。ってマイクを持ったら
「あら、上手いじゃない」みたいな事を言われて

店のカラオケ自慢のオヤジかなんかを刺激しちゃって
「おぅ、じゃあコレ知ってっか?」みたいなちょっと
挑戦みたいにされて。

ママの事が結構好きで以前から「熱海行こうよ」としつこく
誘う常連がウザイからママはワシの肩を持つ。

ママが勝手にデュエット曲を入れたりして。
「おい、おまえ表出ろよ」みたいなこと言われて。
表でパアン、パアンと殴りあい。
先にワシが店に戻ってきて、照れくさそうに常連さんが
後から来る。

「兄貴、オレのボトル呑まないか」みたいなことを言われる。
じゃあ、一杯だけ。
でも、ワシはその一杯でお会計をするのだ。

ママがマジックインキを渡す。
ボトルに名前を書けというのだ。
ママにさりげなく、さっき面倒を起こした非を詫び、
ご常連さんの名前を聞く。

ワシはボトルに「大徳寺」と書いて→で「トクさんへ」と
書いてお会計をし、お店を出る。
ママは、ボトルを目にして
「大徳寺さん? 何これ?トクさんへって?」って

ワシはフっと微笑んで、トクさんたちのご常連グループに
挨拶をして店を出て行く。
もう二度とこないこの街、このスナックに別れを告げて
最終列車で去っていくのだ。

とにかくだ、話がいつものように長くなっちゃったけど
酒場をめぐって、ブログに店の写真とか食べもんの
画像を乗っけてるように、様々なスナックの画像、
ママの画像を乗せてるブログでもはじめたいと思っているのだ。

しかし、スナック巡りはまだまだ、もっと先だ。
なんて言って先送りにしてるばかりだけれども。
大森とか蒲田あたりのスナックと千住や小岩あたりのスナックでは
雰囲気やママの感じが違ってたりしそうですね。

こんばんは スナッキーで行こう、大徳寺です。

なんだか、意味もなく妄想してしまいました。
今は、池袋あたりで呑んでます。
池袋で一番好きな麻婆豆腐の店へ流れてきました。
111_20091108015301.jpg

ここでも紹興酒で乾杯。
お通しのセロリのん。これがなかなかイイんですよ。
112_20091108015301.jpg

で、やはり麻婆豆腐をお願いします。
色がちゃいますね。
113_20091108015300.jpg
口に入れると、ウヒャー!なんですよ。
痺れる、痺れる。
うヒャヒャヒャヒャ。
痺れが堪らんのです。
こんなに痺れてて、体のどこかに支障をきたさないか
気になるんですが、そのくらい痺れる。
フォアジャオ好きにとって至福のときでありんす。
114_20091108015300.jpg
個人的にはココに来たら焼きより水餃子。
これをですな、麻婆豆腐の液に浸して喰うと
これまた、トリップします。
あぁ、脳も舌も胃袋も幸せな気分に。
115_20091108015259.jpg
もう一品の忘れちゃならない、汁なし坦々麺。
そして、麻婆豆腐のおかわり。

池袋に来たらワシが外せない店。
それがここなのです。

永利(池袋)

最近、お腹が子犬のように鳴く時がある。
物凄く切ない鳴き方をするのだ。
乳を欲しがるお腹をすかした子犬のように。

実は自分でも聞いてて可愛いと思うねん。
だから出来れば電車の中で美しい女性が
いたら聞かせてあげたい位だ。

20年位若いと、きっと女性はクスクスと
笑いながら、カバンからクッキーを出して
ワシにくれるような気がするのだが、
流石に20年を経過したワシには誰も
哀れみの視線さえもくれず、バカにした
屁っこき野郎を睨みつけるだけだ。
いや、違うぞ!
オレは単なるハラペコ野郎なのだ。

それがだ、今夜に限って子犬のように
鳴かないのだ。
屁のような音がするのだ。
間違いなく横で聞かれたら「屁?」と
思われるような屁音なのだ。

屁なら我慢できる。音を抑える事が
できるのだが、腹が鳴るのは抑えれない。
だから屁のような音で腹が鳴いたら
しらこく、ワシは横っ腹を押さえてみる。
けれど、それは言い訳がましいとしか
映らないのが寂しい。

歳を取ると言う事はこういう事なのか?
なーんて、屁のような鳴き声のする腹を
抱えた大徳寺です。

そんなん、どーでもエエわって顔ですね、
その顔は。

今週のお食事会。
お声をかけてもらって、参加できるかどうか
それはすべて足の状態次第。

でも、先週にドタキャンしちゃってるので
今夜はなんとか参加せねば。と思っていたのだ。
そのくせ、前の日とか一人60分倶楽部とか
そういうのん、やってりゃ世話ないけど。

今夜は池袋に集合です。
店に直接集合です。
112_20091108014814.jpg
ここでありんす。
店に入ると、こっち!こっち!みたいな感じで
声がかかる。

AさんBさんの姿が。
どうも、どうも。
「なんだ、来たんだ」ってエライ挨拶やん。
ま、そりゃね、先週失礼しましたから。

すぐにCさんDさんがやってきて、全員集合。
お久しぶりです。どもども。
じゃ、カンパーイ。
113_20091108014813.jpg
皆さん、画像の美しいブログを書かれている。
Aさんは「デジカメ持ってきてんねんけど邪魔臭いから」と
言いながら携帯で撮ってはんねん。

ほいで、ワシが携帯で撮ってたら
「ヘタクソやもんな、自分」って言う。
114_20091108014813.jpg
そやなぁ、この喰いもんもなんや、ボンヤリしてるがな。
この先生のブログで上手に撮る方法を読んだのに
アカンがな。
なんやようわからんような喰いもんになっとるがな。

これは血を腸詰した、ブータンノワールの中華版と
でも言うんでしょうか。そんなんですわ。
え? わからん。 困った子やな、キミも。
わかったフリして付いておいで。
115_20091108014812.jpg
麻婆豆腐。
やっぱり、中華を喰いに来たら外せへん。

この喰いもん、何でしょう?
116_20091108014811.jpg
え? カメラマンの腕が悪いからわからんって?
そっか。

角煮かと思ったら、酢豚ですって。
酢豚にパイナップルが入ってるのがイヤとか
そんな議論、ここでは一切なし。
パイナップルどころか、豚以外入ってません。

「麻婆豆腐と汁なし坦々麺を喰いにいこうか」
誰からともなく話が出る。
池袋のアソコやな。
いこ、いこ。

中華料理のダブルヘッダー。
店を出て、歩きだすとワシの後姿を観た誰かが
「足、引きづってるわ」って。
当たり前やん。
飾りじゃないのよこのギプスは。
プロフィール

daitokuji

Author:daitokuji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今どう?
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。